一軸走行、二軸走行、トカゲ走行、どれが最速?

一軸走行とは、1本の線上を走るように着地する。

二軸走行とは、一本の線上をまたぐように着地します。

一軸走行はモデル歩きで、脚を交叉させるイメージ。

二軸走行は通常の歩行にイメージ。

トカゲ走行は、二軸走行における身体の動きを弯曲で、表現したものになります。

二軸は、走りを直線で表現しています。

トカゲ走行はボルトの走りを表現したことから生まれましたが、これは生物にとっては自然な動きで、


野生動物は、すべてこの動きをしています。

蛇とワニにを想像してもらえば簡単でしょう。


4DSでは、トカゲ走行をDNAの螺旋の走行と言っております。

トカゲ走行は2Dでしか表現されていませんが、螺旋走行は生体物理学的に4Dで表現されています。

ボルトが出る前の20年前から、螺旋走行を知っていました。

なぜなら、人間にとって自然な動きでありましたが、3D以上なので、表現できなかっただけです。

将来、今ある、歩行、走行における運動学は4Dに書き換えられるでしょう!!

答え・・・一番の最速は、2軸走行を曲線で描いたトカゲ走行!!

それよりも早いのが、4Dで表現された、DNA走行!!



4DSの整体で重要視していることが、身体が螺旋を描くことです!!


身体のどこが痛くても螺旋を描く方向に施術を行っています!!



3.5D の整体の中で生物が持つ螺旋の動きを重視します。

4D の整体の中では宇宙を意識します。

続く・・・・

速く走る方法 下記参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11873433494.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です