透視能力をつける!!

ロシヤの少女で、癌などの内臓疾患を透視できる少女がいた。

昔、TVでやっていたが、やらせだったかどうか?わからない。

姿勢や表情をみて、病気を当てたり、悪いところを当てることは可能である。

しかし、全身に布をかぶせた状態で、体の悪いところを当てる事は、無理にしか思えない!!

姿勢と体の動きをみて圧迫骨折があるか?はわりと簡単にわかる。

狭窄症があるかどうか、?も経験上、背中を診ればわかる。

最近診ることを怠っていた!! しかし、視診の重要性を最近非常に感じる。

3Dで全身をみる事は簡単なようで難しい。最近衰えているので、今日練習をした。

3Dで、全身を診るには、イメージの記憶力が必要である!!

首をみながら、下腿の動きも一遍に診なくてはいけない!!

全体をみる速読と同じような能力が必要である!!

空間技をするにも、3Dの触診が必要である。

今日はゼミで練習させてもらったが、正面からはうまく行ったが、後方からは前面の動きが見えなくて、うまくいかなかった。

目と脳の衰えを、鍛え直すために空間技を患者さんにも使っていこう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

石原知事の姿勢 !!