指先で腕腕を振るのと、肩で腕を振る走り方、どちらが速く走れますか?

手の指先を支点として、腕を振る走り方と、肩を支点として腕を振る走り方がある。


また、その中間として、肘を支点として腕を振る走り方のある。

これはすべてのアスリートだけではなく、施術家の手技にも非常に重要な技術であり知識である。

陸上選手であれば、どれだけ速く、疲れずに!!安定して走れるか?

サッカー選手であれば、転ばずに、安定して、すぐに反応できるか?

施術家ならば、支点の位置を変えることで最小の力で、狙った場所を、必然的に反応させるか?

答え・・・・


指先を支点として手を振る方が、速く走れます!!



上の写真・・ボルトの右手首に注目!!指先を支点として腕ふり!!



世界の一流選手はみなこれを無意識でしています。

逆に足の遅い子供は、腕を振れ、と言われると肩を支点として腕を振ります。

これは力の伝わり方が肩と指先ではまったく違ってくるからです。

指先から腕を振ると、骨盤から股関節、足関節まで連動の力が伝わります。

すなわち、指先を使うだけで、数度の骨盤の回旋が起こり、歩幅にすると10センチ以上歩幅が広くなる訳です。

逆に…肩で腕を振ると、上体はブレ、連動は上半身で止まってしまいます。状態の軸がしぶれているので減速、不安定になり、サッカーで言えば、あたりに弱くなります。

4DSの手技において、重要なコンセプトであり、感覚ではなく物理的に解釈できるようになれば、


連動動作を手技で自由自在に操ることができるでしょう!!


頭の中をまずは4D化しないと、診えない世界かもしれません!!

手技ができるではなく、手技が診える!!

「手技ができる!!」はコツを教えると素人でもできます。

手技が診えるには、視覚、脳の次元を変えないといけません!!

すなわち、第三の目を持つようになりましょう!!

下記参照・・・リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11856439005.html

4DSの手技に多数の連鎖運動の記事が書かれている。 

http://ameblo.jp/creaidea/themeentrylist-10081146776.html

1 個のコメント

  • 1. (^-^*)/コンチャ!
    。+゚☆゚+。★。+゚☆゚記事見ました。応援したくなっちゃったのでペタの代わりにコメ書いておきます(*'ω'*)また遊びに来ます♪頑張って下さいね。+゚☆゚+。★。+゚☆゚

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です