体操座りの背中のカーブは理想的です!!

構造学的に姿勢を診ると、体操座りの背中のカーブは理想的です!!

日本人は長年の迷信に惑わされているので、信じてもらえないかもしれませんが、背中はあのくらい丸くないといけません!!

イタリアの食堂に行ったら、イタリア人はみんな背中を体操座りぐらい丸めて食事をしています。

体操すわりの背中のカーブで、脊柱管狭窄症になるならば、イタリア人のほとんどが脊柱管狭窄症になります!!


丸い方が、脊椎も圧迫されません!!

逆に正座で、背筋を伸ばしている方が、真っ直ぐな背骨になって、重力が分散されず、椎間板は圧迫されます!!

腰が曲がる原因は、上部の腰椎と下部の胸椎の圧迫骨折によるものです。

イタリアには、腰の曲がったお年寄りは少ないです!!なぜなら背中のカーブが理想的だからです。

中学生レベルの簡単な物理で証明できるので、安心して背中を丸くできるように、姿勢教室でお見せします♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です