50肩の可動域制限、夜間痛!!

今日、友達の先生が、ご自身の患者さんをうちの治療院に連れてきてくれた。

50肩の患者さん、夜間痛あり、発症から6か月ぐらい・・・左右肩とも、可動域制限あるが左がひどい。

触診した後・・・・・私(内心)・・・・・「あーーーこれは、、、、重症・・・・・一回の施術でどうするべ??」

肩関節屈曲  60度  外転 50度  伸展10度 伸展にいたっては、お尻の横に手が置けるぐらい。(汗

肩甲上腕リズムとか、…そういう次元ではない。どっこも動いていない・・・・

左肩甲胸郭関節硬縮  肩関節4.5度でカッツンとロックがかかる。

左は他動的に翼状肩甲骨をつくれない!!右はできる。

前鋸筋、肩甲下筋・・・・・緩めたいすべての電気をかける!!治療の半分以上は電気治療となる。

翼状肩甲骨ができるようになり肩甲骨の動きは回復した。

しかし、肩関節はまだまだ動いていない・・・・

生体物理のトリックを使って、かなり上がったように魅せる

外転160度、屈曲 170度  伸展20度  腕は耳に近づいた感じにある。

過剰に動かしたので反動が来たら(謝)

通常このくらいの50肩は、一か月以上の治療を要する。

このくらいの重症度では自然治癒するのに2年ぐらいはかかるだろう。施術をしなかったら、痛みは取れても大きい可動域制限は残る!!

道具(鍼灸、電気など)なしでこの手の患者さんを施術するのは、すごく大変だと思う。

あまり手技的なアドバイスはできませんでしたが、無理をせずに長期的視野で施術頑張ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です