頸椎ヘルニアの症状用のサポーター

指先のしびれ、前腕や肩のうずき、夜間痛などの頸椎ヘルニアに起こる症状は、あるテーピングの方法がよく効く。

従来の筋や筋膜に働きかけるテーピング法ではなく、神経そのものに働きかけるテーピング法である。

しかし、テーピングをすると、皮膚がかぶれたり、痒くなる人が多い!!

そこでサポーターで同じ機能をするものが欲しい!!

世の中にはないので自分で作るしかない(汗

一つの商品を作るには、時間が必要である。

設計図は書いてあるが・・・・ここで動いたら…業者さんとの打ち合わせなどで、時間をかなり吸い取られることが予測される。

忙しいというのは言い訳かもしれないが、「ゆっくりする時間が無くなるのが怖い!!」自己防衛本能が働いている。

今年は自分ではできそうにないので、テーピングの仕方とサポーターの設計図を誰かに託しておきます!!

クリエピローの新商品も、時間的に今年は無理そうなので、設計図、と使用法だけは残しておきますので、私に何かありましたら、誰か世の中に出してください!!

人間いつ死ぬかわからないので残せるものは残しておきたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です