施術家のレベルUP

鍼灸もできるダブルライセンスのスタッフが加入して、一段と治療院のレベルがUPしてきている。

鍼灸を持っている人の手技は、大局をしっかり診ている!!

首が痛い人の施術は首だけでなく、それに連動する手足からもしっかり治療をしている。

認識療法(痛みを一時的でも軽減させる。)も、しっかりと実行している。

患者さんが満足して帰っていく姿を診るのが嬉しい!!

私は安心して自分の所に来た患者さんをスタッフに紹介できる。

「ちょっとだけでも診てください!!」という患者さん達が私の所に来る。2,3分触診して体の状態を分析、それをスタッフたちに伝え、スタッフが施術する。

スタッフの施術や対応が悪かったら、また、私の所に戻ってくるか、苦情が来る。(-_-;)また、痛みがあるにもかかわらず、二度と来なくなる人もいる。

スタッフのレベルが上がったため最近少ない。

遠慮せずに、どんどん苦情を言ってくださいね!!   施術家との相性などもありますから・・・合わなかったら他のスタッフを紹介します!!

私の役割は、施術のコンシェルジェ!!患者さんにあった施術家を紹介すること。

優秀な施術家を集めないといけないし、育てていかないといけない!!

施術家のレベルUP” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    1. 初めてブログを読ませていただきました
    実は私もずっと春ごろ整体に通っていました。足から来ているのか、腰なのかわからず。ジムに行っているので、左右のバランスが均等でないジャンプとか、平泳ぎで痛めた、とかいろいろ考えられるようです。整体では、まず氷で冷やし、それから電気をあてたり骨盤矯正とやらをしてもらってました。
    そしてある日スタジオのダンスに復帰したところ、翌日股関節が痛く歩けなくなり、今度は整形外科にレントゲンを撮ってもらいに駆け込みました とほほです(T_T)
    そこでは、逆に温めなさい、と言われ ちょっと混乱
    どうにか しっぷで痛みもひき、冷やすのか温めるのかわからないいまま 今日にいたっています  先日旅行で長時間飛行機に乗ったのですが、まったく問題なく、なんか治ったかな、と思ってますが・・

  2. 匿名 より:

    2. 書き込みありがとうございました!!
    パメラさん・・・旅行の前に痛みが取れて良かったですね。

    アイシングは炎症期、腫れや熱感があったり、うずくような痛みがある時にします。
     適切なアイシングなら問題ないです。

    炎症時(急性期)の急激な施術(整体)は、症状を悪化させる事があります。

    慎重な施術が必要です。

    整形では炎症がないと判断されたのでしょう。

    炎症があるかないかの判断で、温めるか、冷やすかが決まります。
    どちらの判断が正しいのかわかりませんが・・・

    股関節の痛みは再発する可能性がありますので、ジムでは、無理なさらずに適度に運動してくださいね!!

    書き込みありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

実験!!