妊婦さんの矯正

お腹が大きくなりだすと、姿勢が変わり、腰痛が起きる事がよくある。

お腹が大きくなった分だけ,腰椎が反り過ぎるか??「ハイパーロード―シス」と思いきや、そうでもない。

前後径が増えて、妊娠前もともと反り過ぎだった人も腰椎は、後弯方向へ行く。

痛みの原因は、構造よりも、動的要素で、皮膚、筋膜、関節の動きがなくなっていて、それにより循環障害が起こっている。

お腹が大きいくなった妊婦さんは、寝返りが通常より少なくなり、寝方も、横向きが多くなる。

横向きが多くなると、大腿筋膜腸筋や臀部周辺の筋が常にストレッチされ、ストレスがかかり硬縮する。

施術は、大腿部を外転させ、維持するだけで、大腿部の筋硬縮が取れる。マー簡単なカウンターストレインである。

お腹の大きい患者さんには枕を股、膝の間にはさんでもらうように指導する。

それだけで臀部周辺の筋は緩み、仙骨が動きだす。

ちょっとしたことで、妊婦さんの腰痛は防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です