ポテンシャルエナジーで筋肉は一秒で柔らかくなる。

肩の筋肉の凝りを柔らかくするには、一秒でできる。


この一秒は体の部位(手、足、腕、など・・)の位置を変える時間である。



昨日のセミナーでやった軸合わせである。ポテンシャルエナジーの中でも弾性力による位置エネルギーである。



筋肉といえば、ゴムやバネと一緒で、弾性である。ポテンシャルエナジーによって自由自在である。





しかし、多くの人は、肩こりが筋肉の凝り(硬縮)によるもの勘違いしている。





急性の肩こり??は筋性であるが、長年の肩こりは、靭帯性である。


施術をして一時的に楽になるが、また時間がたつと肩が凝る人は靭帯性の肩こりが多い。





触れば、靭帯性か、筋性かすぐにわかる。


靭帯性はモーメンタムなポテンシャルエネルギーが働かない。時間に比例するポテンシャシャルエナジーが必要である。





靭帯の変性を促すには最低でも、10分以上必要だとされている。


「物理は、自然の現象を表現するものである!!」・・・と書いてある。





肩こりや腰痛から難病まですべて自然な現象である。

物理を応用することで今まで、感覚や統計でしかわからなかったことが、明白になっていく。




靭帯粘性へのアプローチは4DS セミナーで、次回やります。側弯症の施術で、悩んでいる先生にはすごく役に立つと思います。



クリエのブログ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です