ドーパミンで即実行!!A-10

私たちの行動の動機には、ドーパミンが深く関与しています。

日常生活で、食事をしたり、TVを診たり、勉強したり、働いたり、すべての行動において、ドーパミンニューロンが活性化された直後に行動が起こります。

動きにはドーパミンが不可欠です。

逆にドーパミンが不足すると、パーキンソン病のような症状が出ます。行動しようとすると、身体がすくんだり、震えたり、運動そのものができなくなります。

昨日の脳神経のセミナーにおいて、ドーパミンニューロンの位置について解説がありました。

クリエのブログ

A-10は聞いたことあったのですが・・・・・位置関係は、さっぱりでした…

脳幹に位置し、下からA1でA16まであります。

また、Aー 8,9,10は人間だけにあり、学習の強化因子、やる気として刺激します。

下方の A-1,2,3・・・・などはノルアドレナリンが分泌され、怒りを生じます。

Aが側方にあり中央にB系のニューロンがあります。

B系は睡眠作用があります。

A系とB系の間にはC系があり、覚せい作用があります。そしてアドレナリンを分泌します!!

ドーパミンは10歳年を取るごとに10パーセント消失されるといわれています。

単純計算では100歳でドーパミンがっ全く放出されないことになります。

どうやったら、若々しく、何歳になっても「ドーパミンを放出できると思いますか??」

「かわいい!!」を診る!!・・・・と・・ドーパミンが出るかもしれません。

広島大学でそのような研究結果が出されたそうです。ドーパミンとは関係なかったかもしれないが…

6枚の可愛い動物の絵を診るだけでいいそうです。

そこで思いついたのが・・・・・人間の可愛い女の子を6人雇いスタッフにすれば、私と男性スタッフのドーパミンはどんどん放出され、行動的な会社が作り上げられるだろう!!

来年、私の健康のために、可愛い人間6人募集(女性の方がいい!!)します♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です