頭にアイシングをすると全身の体温はどうなるか??(人体実験)

朝起きて2時間後と、昼仕事をして熱い車の中から家に帰ってクーラーなしの部屋で全身の体温を測る。

アイスノーンを使い、頭頂部を冷やす。

冷やす前、・・頭頂部  33度  顔  33.5  胸 32.6 腹 32.4 大腿部  32 足 31

一分後 ・・・ 頭   24  顔 35 胸 34 腹  33 大腿  32  足 32

2分後  ・・・・頭   19   顔  32 胸 32.4 腹32.2   大腿 31.5  足 31.5

10分間計測したが後は誤差はあるが同じ様なパターンだった。

感想としては、朝っぱらから、頭は冷やすものではない!!WW

頭痛までにはいかないが、少し気分が悪くなる!!全然気持ち良い物ではなかった!!

頭蓋を触ると、頭蓋に弾力性がなく閉じた感じだった。

頭を冷やした直後は頭の冷えを回復しようとして、全身の血流があった模様である。

その後いったん下がって、安定した体温が、続く。

末梢の体温はアイシングによって、少し上がるようである!!

昼間の熱くなって帰ってきたときの体温は全く、感覚がちっがった!!・・・・・今晩に続く!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です