モルモットと牛の骨盤の開きの違い??

人間も妊娠時は、骨盤は開き始める!!

人間もモルモットも、牛も、リラキシンというホルモンが分泌して、骨盤や全身の靱帯をゆるめる働きをします。

リラキシンは妊娠期全体を通して分泌しますが、特に妊娠の初期と後期に多く分泌し、その作用によって

出産時に骨盤が開き、赤ちゃんが産道を通過する。

先日まで書いている「お尻は大きくなっても、骨盤は開かない!!」は…下記リンク詳細

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11902691290.html

通常時、人間の女性は、リラキシンが分泌が最小限であり、

人間は妊娠が始まって、リラキシンの分泌が著明になる!!

2足歩行とのため、骨盤を容易に緩める事は不都合である。


モルモットでは、発情期の時には、すでにリラキシンが分泌され、恥骨結合は緩み始めているそうだ!!

答え・・・・



    モルモットは、恥骨結合が主に緩み、仙腸関節などはほとんど緩まないそうである。

左右坐骨の距離、腸骨間の距離も、恥骨の緩みと比べると微小であるそうだ。

逆に…牛は、仙腸関節のゆるみが恥骨に比べて大きいそうだ!!



その違いはなぜ起こるのか??

モルモットの立位は腹部が地面すれすれだが、牛は地上にある!!

モルモットの恥骨は、地面と接触することにより、安定性がある??

あくまでの私の考察なので真実は解らない??

  ネタ元  下記リンク

妊娠期における モルモ ッ ト の骨盤の弛緩 – 岡山大学学術成果リポジトリ

お尻が一番大きくなるのは、生理中??

生理の周期において女性のお尻は形を変えていきます??

今日はプリッと生きがいいな!!」 とか  「今日はしぼんでいる!!」 と 毎日身体を診ていると変化が診えてきます。

これを診て、「骨盤が開いているとか閉じている!!」・・と表現されていますが??

実際に一番影響を与えているのは、骨盤の位置と股関節の関係にあります。

詳細・・・昨日のブログ 下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11902391866.html

仙腸関節や恥骨結合は、あまり開いたり閉じたりはしていなく、骨盤と股関節の位置関係で、お尻がパーンとはったり、萎んだりしています。

お尻が大きくなるとき・・・・

生理の2日目ぐらいで、出血とともに老廃物を排出しようとしています。

排便時と同様、お尻を突き出す位置に骨盤位置しています。

生理開始後は、筋が緩んだ感があります。

 骨盤の前屈  W-AS   PSIS(骨盤の後ろ)から見ると 骨盤は前方、上方に位置します。

ASIS(骨盤の前方)から見ると 骨盤は前方、下方に位置すると表現します。(雑誌などでは此方の表現が多い。)

この時期に、レントゲンを撮ると、坐骨は開いて見えますが、2Dのジオメトリーの矛盾で、実際には開いていない!!

生理前には、むくんだ状態もあり、なおさらお尻が大きく見える。

むくみと女性ホルモンの関係  下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11418723226.html


お尻が閉まって見えるとき・・・


排卵期の時期が一番お尻が閉まって見えます!!

骨盤は後傾し、臀筋は収縮しています。 女性が 一番活動的で、、魅力的に診える時期かもしれません??

また、エストロジェンの分泌が一番豊富な時期で、肌のツヤも良くなるそうです!!

女性ホルモンについての詳細下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11751107279.html

骨盤は後傾  W=PI  後ろから見ると 後方、下方に骨盤配置しています。

生理不順は、・・・・・・骨盤の前屈後屈のうなずき運動がうまくいってない可能性があります??



ホルモン分泌によって、骨盤の前屈後屈が起こるのか?


骨盤の前屈後屈運動がホルモン分泌を促すのか??



私にはわかりませんが、安全に出産するためにも、骨盤のうなずき運動は周期的に必要でしょう♪♪

下半身が太くなる原因として、むくみがあります。

この骨盤のうなずき運動が、ポンプの役をして、むくみの軽減をしているかもしれません!!

下半身が太くなる原因 ・・連載しています。

第一話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894009825.html

第二話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894407894.html

第三話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11900965940.html

第4話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11902391866.html

お尻は大きくなるが、骨盤は開いていない??

骨盤は生理周期に合わせて、開いたり閉じたりしているといわれています。

実際に骨盤は開いたり、閉じたりしているのでしょうか?


「骨盤が、仙腸関節や恥骨結合を介して、数ミリ以内で開いたり閉じている!!」・・

といわれるならば…  YES  正解!!

「骨盤が、仙腸関節や恥骨結合を介して、数センチ単位で開いたり閉じたりしている!!」・・・

といわれるならば・・・NO  不正解 !!

生徒…  でも・・・・・骨盤の横幅は生理周期によって確実に、数センチ広がったり閉じたりしています!!

私・・・・貴女の観察力は素晴らしい!!

実際に臀部の横幅は数センチ広がっています!!

しかし、それは骨盤が実際に広がっているのでしょうか??

骨盤は広がらなくても、大腿骨骨頭と骨盤の成す角度によって、大腿骨の大転子が、臀筋を横に広げ、お尻の幅を広くします!!



すなわち、お尻(臀筋)は生理周期によって広がりますが、骨盤はほとんど広がっていません!!

動いているのは大腿骨の骨とうの位置であり、骨盤はそれに連動して動いているだけで、骨盤自体は数センチの拡張収縮は起こっていません。

さて…股関節について勉強しなおしましょう!!

前捻角とは…  下記リンク参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11834812124.html

股関節の動きに対する骨盤の連動は??  下記リンク参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11834812124.html

腿骨大転子は通常、大腿骨骨頭の後方に位置します。


脚を内旋させると、大転子が前額面と水平になり、お尻の幅が広くなります!!



この股関節の動きが臀部を広くしたり、狭くしたりして、

あたかも、骨盤が数センチ動いているとプロを混乱させる原因となっています!!

上級の生徒…それでは、生理周期によって、レントゲンで坐骨が開いたり閉じたりして見えるのはなぜですか??


私…あなたはまだ2Dの世界に惑わされているのです!!レントゲンで診えているものは2Dです。

レントゲンは光のプロジェクションであり、ジオメトリー的な矛盾を多くおこします!!


下記リンク参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11852265309.html

これ等の現象を骨モデルを使って、簡単に立証することができます!!時々セミナーでしますので、お楽しみに!!

今日のブログは下記の連載のための準備運動です。

下半身が太くなる原因 ・・連載しています。

第一話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894009825.html

第二話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894407894.html

第三話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11900965940.html

背筋を伸ばした姿勢は圧迫骨折になりやすい!!

腰のまがった高齢の患者さんは、昔は、胸を張って、背筋を伸ばしていた!!

そのため生理的なS字カーブは失われ、ストレートスパインにだったに違いない!!

ストレートスパインだと重力を分散が困難になり、


ちょうど胸椎12番と腰椎の一番あたりに過剰な力が加わり、圧迫骨折になりやすい状態を創る。

椎間板も腰部で狭くなっている!!



  

上の写真・・胸椎の6,7番(黄緑の矢)が一番後弯の頂点であってほしいが、


胸椎の12番と腰椎の1番の部分(赤の矢)が一番後弯している!!


触診すると・・平背どころか、胸椎は前弯気味のリバースカーブになっている。


イタリアでは高齢でも、腰のまがった高齢の方を見たことがない!!

イタリア人はみんな背中が丸く、、理想的な胸椎の後弯を持っているからである!!

イタリア人の高齢者に起こる悪い姿勢は、頭部(顔)が前に出る姿勢(頭部の前方トランズ)である。

しかし、腰は綺麗な前弯を描いている。

レディーガガ の 祖母 98歳の 姿勢は、すごく奇麗だった!!


S字カーブも理想的で何の乱れもない!!

編み物が趣味で、あの頭部の位置は素晴らしい!!

レディーガガのおばあちゃんの関連記事下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11490352037.html

生理的な胸椎の後弯の定義をすらすらと言える人はおそらく日本では私ぐらいしかいない!!

姿勢の矯正をされる人はそのくらいは知ってないとおかしい!!

皆に暗記してもらいたいので次はそのことについて書きます!!

丸い背中、前肩関連記事下記

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11899403158.html

前肩で肩幅3センチ↓、バスト、ワンカップUP!!

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11891781989.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11889064578.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11888029160.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11885283806.html

前肩、巻き肩で、美しく健康になる!!

「理想的な前肩の人 は誰??」…といわれても、1年前までは、感に頼るしかありませんでした。

とりあえず、日本人は・・・・・「前肩にしとけば健康!!」  と前肩を推進してきました。

やっと今年になって、前肩を測定できるプレートを創りました!!

「あなたの前肩は過小か?過剰か?」 それでは「何度前肩にすべきか? 何度戻すべきか?」数値でわかります。


上の写真が理想的な前肩の角度です!! 

凄く丸いでしょう!! イタリア人や、海外の一流のモデルはこの前肩の角度です!!


上写真・・若者に人気のモデル、ミランダ。 背中がすごく丸く、前肩!!

でも姿勢は良く診えて、魅力的である!! これが自然美の理想的なカーブを背中、肩が描いているからである!!

とりあえず、測定プレートを50枚ぐらい量産します!!

情報だけでは、姿勢の常識を変えるのは難しいが、

みんなが手軽に測定できるようになると、「姿勢革命!!」が、まじかに迫っていることが想像できる!!

自分が生きている間に姿勢革命がおこる!!

丸い背中と前肩の関連記事  下記

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11899403158.html

前肩で肩幅3センチ↓、バスト、ワンカップUP!!

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11891781989.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11889064578.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11888029160.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11885283806.html

O脚の原因は??

年配の女性のO脚 と 若い女性のXO脚は、機能構造的に全く逆の位置にある!!

年配の女性のO脚は脛骨(膝から下の骨)は、内反、内旋位にあります。

これはスクルーホームムーブメント
が失われたために起こります!!

スクリューホームムーヴメント下記リンク詳細

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11810647950.html

すなわち、脛骨伸展時に外旋すべきものが、そのまま真っ直ぐ外旋せずに伸展するか?


または、内旋してリバースな運動をしてしまいます。

脛骨部が内旋するために、大腿筋膜張筋の停止部(脛骨粗面外側部〉内側に入り、

その筋の起始停止部の距離が延ばされ、常に緊張した状態を創ります。

O脚の患者さんの外側部が硬いのは大腿筋膜張筋が常にストレッチされているからです。


年配の女性のO脚の原因は、大腿部の外旋によるものではなく、脛骨の内旋位によるものがほとんどです。

その原因は、変形性膝関節症によるものといえば簡単ですが、どのような発生機序で、どのような形の変形が起こってくるか??

を考察していかなければなりません。また後日書きたいと思います。

次は若い女性に多いXO脚が作り出す太い脚について書きたいです♪♪

下半身が太くなる原因 ・・連載しています。

第一話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894009825.html

第二話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11894407894.html

脊柱管狭窄症は、腫れものを触るような施術法??

普通の微圧でも、マサージのようなほぐしでも、最強圧でも、急性の脊柱管狭窄症は治りにくい!!

ちょっと触っただけでも、揺さぶっただけでも、患者さんは「痛い!!」と訴える!!

本当に腫れ物に触るような手技しかできない!!

神経性の筋拘縮なら強い刺激でも、カウンターリフレックスでも緩むが・・・・

急性の脊柱管狭窄症では、神経性と循環性の硬縮が合併し、

下半身全体が腫れているような状態なので、下半身を触ると痛みが響くケースが多い!!

だからと言って、下半身にオステ風の微圧を加えたからと言って、なかなか緩む気配はない!!

いろいろ今まで試したが…唯一、脊柱管狭窄症の筋拘縮を緩めることができるのが

AIサークラムの矯正法である!!

米のカイロプラクティックでは上部頸椎の矯正の次に重宝されている矯正法でる!!

仙結節靭帯に「眼球を触るぐらいの圧」で触知し、間接的に脳髄液をコントロールします。


末梢からの微圧ではなく、中枢に直接働きかける微圧が必要となります!!


この手技は日本に残していかないといけない手技の一つです!!

この矯正法がなかったら今でも、急性の脊柱管狭窄症の患者を治すことができません!!

凄くありがたいテクニックです!!

しかし、数人のスタッフに教えましたが、方向性を間違えてやっていることをよく目撃します。

仙骨が前方に落ちているのを微圧でえぐり上げるような感覚が必要です!!

AIサークラムをすると、臀筋が緩みだし、仙骨が呼吸と連動を始め、頭蓋骨も動き出します!!


循環系の筋拘縮が取れれば、もう治ったも同然!!

普通にほぐすような手技をしても、関節にアプローチしても、どんな手技でも改善に向かいます!!

とうとう脊柱管狭窄症の連載が、終わりに近づいてきました!!

情報や手技は棺桶に持って行けないので…吐き出してあの世へ行きます♪♪

より多くの人々が救われるように!!



このブログは連載しています。

第一話       下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895242899.html

第二話 

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895427355.html


第三話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895915968.html

第四話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11896399074.html

第五話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11896907186.html

貴女は良い姿勢をすることで、不健康になる!!

日本でも、貴女の姿勢が数値でわかるようになりました!!

「みんなに姿勢がいいね!!」・・・といわれている人に限って、理想的な姿勢よりも、

ずいぶんと背骨が真っ直ぐすぎて、

「ストレートスパイン」や「ミニテリーネック」(ストレートネック)になって、大事な背骨のS字カーブを失い

肩こりや腰痛の原因を創ってしまっています。

背中のカーブの測定!!

測定結果・・・

30度以上・・理想の背中のカーブより真っ直ぐになっています!!

理想の背中のカーブは思ったよりずいぶんと猫背なのです!!

赤の丸いカーブは理想的な背骨のカーブ。

「貴女は本当に猫背なのか??」

もう少し脱力して、背中を丸くした方が良いのが、一目瞭然です!!

日本の姿勢矯正のあり方を180度変えて!! 慢性の腰痛や肩こりの人々を減らしていきます♪♪

前肩で肩幅3センチ↓、バスト、ワンカップUP!!

貴女は、肩幅が狭い可憐な女性になりたいですか??

それとも、いかり肩の肩幅の広い強い女性になりたいですか??

姿勢を前肩にすることで、簡単に肩幅が3センチダウン、そしてバストのサイズが、ワンカップUPします!!


 

     平背の写真                     少し前肩の写真

前肩にすることで、肩の高さも一緒になり、小さい顔も一段と小顔になりました!!

今までの姿勢矯正は、2D(平面)を基本として、行われて来ました。

それにより、高いお金を払って姿勢を矯正するたびに、機能構造的に障害を及ぼし、不健康になっていく矛盾が生まれています。

今まで発行されている姿勢関係の本も、2Dが基本となっているため間違いだらけです!!

日本のこの業界には機能構造の専門家がいません。

こんな私が、第一人者ぐらいの低いレベルです!!

前肩は、解剖学や運動学の教科書では正常として扱われています!!

姿勢を生体物理としてとらえ測定する4DS!!

日本の姿勢の常識(矛盾)はもうすぐ真実によって、覆されます!!

4Dの理論では、姿勢を主に生み出すのは靭帯の粘性です!!

筋肉が姿勢を創りだすという理論は100年前の理論です!!

前肩によって腔を狭くすることが、呼吸を深くし、内臓の循環を良くし、健康にするだけでなく、人間を美しくするのです!!

いつの時代も常識は180度変わります♪♪

理想的な姿勢は感覚から、実寸の世界へ?

「今まで、世界で、自分の前肩は理想からどのくらい乖離しているか?」測った人はいないだろう。

なぜならば、海外では前肩が当たり前なので測る人はいない!!

あなたは、 「前肩に何度足りないか?または、何センチ足りないか??」  がわかる!!



ほとんどの日本人は前肩(巻き肩)が足りない!!


「日本だけ、前肩が悪い姿勢だと!!」・・・主張している。

胸椎の後弯は、海外ではレントゲンをもちいて計測している。

岡山ではメジャーをもちいて、胸椎の後弯を計測している。

これからの日本は、「姿勢を感覚で良い姿勢!!悪い姿勢!!」・・と、決める時代がやっと終焉が来るだろう!!

実技では空間技の基礎!!



触らなくても、潜在意識によって、空間を操るだけで、身体はいくらでも左右逆転し、身体の悪いところをいくらでも教えてくれる!!


骨盤の前屈後屈の誘導の基礎の直説法(骨盤から) 

二関節法膝から、三関節法足首から、どこからでも、腰の前屈痛、後屈痛を改善するやり方などをする。

最後には体の硬い人もバレリーナみたいに脚が上がっていた!!

施術家みんなが第三の目を持つ、空間スペックになってもらいたい!!

「この世に何人の空間スペックを残せるか??」

私の使命の一つである!!