筋肉を使わずに、立つ、座る!!

100年も前から姿勢は筋肉によって支えられるという常識のもとで理想な姿勢が語られてきた。

また、筋肉を鍛えることで、痛みなどの障害を改善する。そして、筋肉を緩めることで、凝りを改善すると・・・・

4dsが、長年続いた筋肉神話をつぶします!!

筋肉は、関節や身体を動力です。

しかし、必要なのは初動の力だけで、あとは自然の力(重力など)が身体を動かすのが理想です!!

一流のアスリートは、これができているため故障が少なく、疲れにくく、地球から、授かる最大の力を発揮できるのです!!

理想的な、座り方、立ち方もなるべく筋肉を使わない!!

骨を積み重ねていく感じ!!

積み木を重ねても、何の支えもなく高く積み上げることができます。

振動や動きに対して支えるものは、筋肉であり靭帯でありますが・・・

静止時はなるべく筋肉を使わない!!

身体の骨というパーツを置く感じ!!

日常生活で、最小限の筋肉を使うことで、スレンダーで野性的な身体が手に入ります。

筋肉を過剰に使う人は逆に太りやすいという!!現代の常識の罠にはまります♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

4DSの分類、過程