反り腰ではなくフラットバックによる腰痛の治療法は?

腰椎が後弯、後ろに丸くなっている人がいる。またはストレートで立位で前弯がない!!


これ等をフラットバック(平らな腰)と呼ぶ!!



メールでの質問・・・・


「前方仙骨があれば、後方仙骨があると思うのですが、その施術方法を教えていただけませんか?」


また、・・・・「脊髄終糸症候群について、何か知見があるでしょうか?

私の単なる思いつきなのですが、後方仙骨を矯正してすこし改善が出るような気がしているのですが・・

私の勝手な思い付きの正は、SOTブロックを左右ASISに差し込んで、仙骨底を持続圧・・・ですが、どうなのでしょうか。」



この質問のメールがきっかけで、「脊髄終糸症候群」について書き始めた。




「脊髄終糸症候群の矛盾の証明」の連載の続きを書いている。


第一話


http://ameblo.jp/creaidea/entry-11905561703.html


第二話


http://ameblo.jp/creaidea/entry-11905759341.html


第三話


http://ameblo.jp/creaidea/entry-11905919027.html

第4話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11906088712.html

質問者の考察がピッタシかんかん!!で的を得ている。


「SOTブロックを左右ASISに差し込む」とフラットバックが反り腰方向に矯正される!!




脊髄神経は脊椎の前方、後方のどちらに位置していますか??


答え…後方です!!



すなわち・・・腰椎が後弯すると、脊髄終糸はストレッチされます。


逆に、腰椎が前弯すれば、脊髄終糸は緩みます。



脊髄終糸症候群の治療法は??



脊髄終糸を手術で切らなくても、腰椎を前弯に矯正すれば、脊髄終糸は緩むわけです!!


局所しか診てない整形の先生はそれに気付かないのか??


「木も診て森も診る整形の先生!!」・・を急募!!



脊柱管狭窄症ブログは連載しています。

第一話       下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895242899.html

第二話 

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895427355.html


第三話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11895915968.html

第四話


http://ameblo.jp/creaidea/entry-11896399074.html

第五話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11896907186.html

第六話

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11900412306.html


第七話


http://ameblo.jp/creaidea/entry-11905561703.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です