ぎっくり腰 見て学ぶ!!

歩行困難、うつぶせ困難、座位困難のぎっくり腰の方が良く来られる。

私の役割は、患者さんを良くすることと、スタッフに治療法を魅せて、心の制限をとることだ。

「歩けない」=「重症」=「手に負えない、病院送り」  が、学校教育で成り立っている。

施術家のリスク管理の一つだが…


経験の少ない先生は、こればっかりやっていると、一生学ぶことができない。

「歩けないぎっくり」=「重症に見えるかもしれないが、10日もすれば治る。」=「回復する時間を私たちはどれだけ短縮できるか?」

「ぎっくり腰は、簡単に治る!!」と思っている施術家と「うあーどうしよう」と不安でいっぱいの施術家、

同じ施術をしても、「ぎっくり腰は、簡単に治る!!」と思っている施術家のほうが、治癒率が高いに決まっている。

歩けないような重症な患者さんが、

一回の施術ですたすた歩けるようになることを魅せることで、

「自分にもできる!!可能性!!」を、新人スタッフに植え付けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

整形外科医を育てる!!