原始反応の重要性!!モロー反射  運動

語呂合わせ・・・・よくゴネて、モンロー買ってもらい一人立ち!!  BY HORI

解説・・・・・・・4歳でが座り、5歳で寝返りができる。5歳でモロー反射は喪失し、


8歳で、イハイできる。9歳で、かまり立ち、一年で一人立ち、歩き出す!!

イメージ・・・・マリリン モンローが母にゴネ(ねだって)て、靴を買ってもらて、そのあと独立した!!

生後、モロー反射が、始まり首が座ったら、モロー反射が必要なくなり、喪失する。


原始反射の発生と消失にはすべて理由がある。

老化にも同じような過程で原始反射起こるため、高齢の患者さんを診る上では原始反射を把握する必要がある。

もちろん障害時の患者さんを診るにあたっては原始反射は必修である!!

原始反射とは・・・・

生まれたての赤ちゃんにはさまざまな原始反射(未熟な反射機能)が見られます。たとえば、

赤ちゃんの手のひらに指を入れるとしっかり握る手の握り反射や、口の中に指を入れると吸う吸啜反射、驚いたように手を開き、ひじを伸ばして両手を上げるモロー反射などです。

モロー反射はおふろに入れたときや、大きな物音を立てたときによく見られますね。

下記リンク参照

https://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/seicho/zero/

  

施術家には、重要な原始反射は続く!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です