ブラウン・セカール で反対側は?   重

語呂・・・・ブラくていのには反対だ!!by H

え・・・・ブラウン・セカールでは 、温痛覚のみ、反対で障害を受ける。

コメント・・・・・同側では、触・圧・運動覚などの障害を受けます。

ブラウン・セカール症候群とは、脊髄の半側が障害されたときに障害部位以下でおこる運動麻痺や感覚麻痺などの症状です。

脊髄を上行する伝導路のうち後索路は、脊髄で左右交叉しない。

後索路を通る深部感覚、2点識別型触覚の麻痺は障害側に現れます。

また、脊髄視床路は脊髄で左右交叉するため、これを通る温度覚、痛覚の麻痺は反対側に現れます。

ブラウン・セカール で反対側は?   重” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    1. ハロー(*^o^*)
    ブログ見ました!!また読ませていただきたいので更新頑張ってください!僕は自己啓発のような記事をブログにしてやっています!読者登録していただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です