錐体外路の伝導路は? 重

語呂合わせ・・・・丘の上には、タイツの裸の間がいる!!


答え…核 丘  様体 前 神経核

イメージ…オランダのレッドゾーン(飾り窓)には全裸に網タイツを履いた娼婦(国公認)がいる。

中華街が近くにあるのでよくそこを通り、飯を食べに行く。

コメント・・・・錐体外路症状は一般に、筋緊張亢進‐運動減退症候群と筋緊張低下‐運動亢進症候群がある。

筋緊張亢進・・・主に淡蒼球、黒質の障害で、筋緊張は亢進し、寡動、固縮が見られる。例として、パーキンソン症候群、ウィルソン病の末期、マンガン中毒、ハラーホルデン・スパッツ病がある。

筋緊張低下‐運動亢進症候群は、主に視床とも関連する新線条体(尾状核、被殻)の障害で、筋緊張は低下し、多動状態が見られる。例として、舞踏病、アテトーゼ、バリスムス、ミオクローヌス、ジスキネジ等がある。疾患としては、リウマチ性舞踏病(小舞踏病)、ハンチントン舞踏病、脳性麻痺、脳血管障害等がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です