脚のむくみ

長期間病棟生活で寝たきりだった患者さん。最近歩き始められる。

主訴は大腿部の痛み!!触診では大腿部には問題ない。

足首が像の脚のようになっていたので、とりあえず微弱電流を当てる。

私は微弱電流は嫌いなので当てない主義だが、時と相手によっては使う。

この患者さんは、病み上がりなので強い刺激は避けたかった。

うちのスタッフもよくハイボルテージの後に微弱電流を流す。(マニュアル通り)

私はアフターフォローの微弱電流の必要性を感じない!!反動を気にするならば時間設定を短くすればいい!!

私は一か所一、二分で十分だと思う。

多くの治療院では、治療の一環としてではなく、時間稼ぎとして電気治療は使われている。

話を元に戻すが、・・・・・

微弱電流を当てた後、ゾウの脚がアキレス腱が見えるようにすっきりした。(祝

従来のように、一か所だけに当て続けては、あまり効果はない!!

下腿だけでも6か所以上に当てるぐらいの手間がかかる。

電気治療器を単なる時間稼ぎとして使うか、治療の武器として使うかはあなた次第!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です