目を診て、声を聴いて、胸を診る!!

視診において、一番最初に診るのが相手の目である。

「目は心の窓!!」と言われるように、その人の心の状態や性格を表す。

心の状態を裏付けするのが声のトーンであったり、話す内容である。

そして、胸を診ることで、その人の機能構造、循環をつかさどる呼吸を診る!!

眼球の動きや瞳孔の開き方なので、その人の心の状態を把握できる。

目線が定まらない人は、いろんな不安を抱えており、常に心配事がある人が多い。

その不安を打ち消すために、自律神経などに働きかけ、自分自身で症状を作ってします。潜在意識の中で起こる自傷行為である。

若い人は、内臓や軟部組織に老化による障害がないため、なかなか自分の体を潜在意識の中で傷つけるけることが難しい。

そこで、若者は自分自身を健在意識の中で傷つけるリストカッターが多い!!

中年以降になると、リストカットをあまり見たことがない??

中年以降はリスカの役割は、医師がやってくれている!!WW・・・・ 椎間板ヘルニア手術したり、内臓摘出したり、・・・・・いろんなところを切ってくれる!!

70歳ぐらいになると患者さんのなかには、子宮ない、腎臓片方ない、腸、胃半分ない、脾臓ない、股関節左右チタンの強者がおられる!!

一人の方は、目に動揺はなく逆に瞳孔が開いている!!

エネルギーレベルが高い人である!!

しかし,老化により体がついてこず、精神エネルギ―があまり過ぎて、そのエネルギーを潜在的に自傷行為に費やしている。

「痛みや病気は、身体の問題ではあるがその根本は体の問題でない!!」ということが多くの方が解ってこられている。

施術家はそれをわかったうえで、機能構造を利用し、人々を良い方向へ導いていくことができる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です