歯科矯正

咀嚼の時の下顎は上下に動くのではなく、時計と逆回りで回旋しながら上下する。

上顎、頭蓋は時計回りである。

逆の人も時にいるが、牛や猫、犬などもこの動きをする。

昨日の昼ごろから左の奥歯の歯茎が痛い。

調べてみると、左上の奥歯の動揺が激しい。

触診すると、奥歯の内側が高くなっており、咀嚼の回旋運動の時に下の歯とぶつかり、かむたびに歯を外側に押し出していた。

また上の歯の歯列をみると右側は垂直であるが、左側の臼歯は外側方向に向いていた。

この意味は右でかむときは、顔をまっすぐで噛み、左で噛むときは頭蓋を左に傾けて噛む癖があることを示す。

左への頭蓋の傾きにおいての咀嚼運動は、食べるたびに私の体を矯正しているようだ。

私は、左の腰部を昔は痛めやすかったが、歯をゆがめることで、左半身を守っている事になる。

下の歯は内方向を左右とも向いていた。

歯科矯正において、歪んだ体を治す方向に歯科矯正したら良いのか??

全身を矯正した後に歯科矯正をした方が良いのか??

両方を踏まえたうえで矯正できるのが一番だと思うが・・・・

歯茎が痛くなったおかげで、いろんなことを考えてしまった。(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です