五十肩 腱板損傷 の言語化!!

今日診た50肩の患者さんを昨日のセミナーの要領で分析する。

左肩、上腕前方屈曲、外転で疼痛。

50肩診断・・・・・・・

頚椎型、左重心50肩。   これを言えば、昨日参加の先生は、治し方のイメージがわくであろう!!

昨日のモデルの患者さんは、左胸郭膨張型、左右重心不動50肩 と表現できる。

今日の患者さんはまだ発症後、2週間しかたっておられず、数回の施術で完治するだろう。

最初の愁訴は、左大腿前部の痛みから始まり放置していたら、左の方の可動域が悪くなったそうだ。

昨日のセミナー参加者は、左頚椎型と言えば、起こりうる機能構造が自然にイメージでき、

「なぜ左大腿部に痛みが出て、左肩が上がらなくなるのか想像付くだろう!!」

感覚を言語化していくことで、共通の言葉ができてくる!!

外国語を勉強するには勉強をしなくてはいけない!!

治療用語は、まだ複雑でそのバックグランドを理解しないといけない!!

「トランズ」という言葉は私が創った略語(治療用語)である。日本でしか通じない!!

今までない次元の表現法なので、感覚でだけの世界で、言葉すらない治療法が多い!!

どんどん今までなかった機能、構造の言語を創っていき、治療家同士のコミニケーションが楽になり、

治療法の進化へとつながっていくだろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です