MRIのT1協調像での病変は?

語呂合わせ・・・・NO 1 は くて背がい!!

答え・・・・T1協調像の病変は、く映り信号である。

イメージ・・・ナポレオンが背が低かったように、やり手のNO1は背の低い人が多く、、裏社会でも活躍して

いる人が多い!!


解説・・・・MRIにはT1映像とT2映像があります。

同じ部位を観察していても、T1強調画像、T2強調画像でコントラスト(白・黒)が変わって見えます。

T1の真逆が、T2と覚えるとよいでしょう!!

T1強調画像:脂肪成分や出血(時期によりますが)などは高信号(白く)、水分は低信号(黒く)見えます。

また、T2強調画像:水分(脳脊髄液、腫瘍・炎症部位など)は高信号に見えます。

MRIのT1協調像での病変は?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    1. ふうしゃむです♪
    お邪魔します♪ブログ読みました(≧∇≦)/今いろんな方のブログ読んで勉強しています♪私は美容やファッションの色んな情報をたっくさん書いてるのでよかったら遊びにきてくださいね♪更新頑張ってくださいね♪私も頑張って為になる記事書いていきます!!お互いアメンバーになりたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です