距腿関節の逆終末強制運動とは?

語呂合わせ・・・週末!!


答え・・・距腿関節は底屈時(終末強制運動)に旋する。逆には、背屈時には外旋する!!



コメント・・・距腿関節の関節面大きさは外側が内側よりも大きく長い!!

膝関節では、内側の関節面が外側よりも大きく長い!!

そのため伸展位で外旋、屈曲位で内旋する。下記参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11810647950.html

関節面の構造から、距腿関節と膝関節は逆の動きをする!!

また脛骨内果の関節面が垂直軸に対する角度が30度のため、外側の距腿関節は曲率半径は内側よりも大きくなり、X軸は内から外に円錐を描く。

距骨頭は、Zj軸に対して内側に30度傾斜し、舟状骨と関節を創る!!

美しすぎて興奮する!!生物は一つの法則によって形成されている!!

姿勢教室に来られた先生にはその美しさが診えると思う!!

10までは速攻で手技語呂UPしたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です