舟状骨近位の関節面は? 必

語呂合わせ…賞 金 王!!


答え・・・・の関節面は



コメント…距骨頭の凸面と状骨位で距舟関節を創る。

球状関節と類似した構造により、中足部の内側面では回転が可能となる。

距骨の関節面は舟状骨の関節面より広いため、距舟関節のかなりの運動範囲が可能となる。

凹凸の法則により、凹面の舟状骨は、滑り運動により足の縦アーチ(土踏まず)が重心移動により、増減させることができる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です