井岡、宮崎選手 KO 防衛!!(祝) 前肩で理想的な姿勢!!

打撃系の格闘家は猫の背が多い!!今日防衛したボクシングのチャンプ井岡選手も,宮崎選手も理想的な前肩だ!!

彼らの前肩は教科書に書いてある生理的な前肩と一緒である。

クリエのブログ

背骨に接する前額面に対して肩甲骨は30度の角度をなしている。

鎖骨と肩甲骨の成す角度は60度である。これは最も安定したトラス構造がそこにある。

トラス構造は静止時だけでなく動きの中でも安定する。

一流のアスリートだけが前肩ではない!!

姿勢の教育を受けてないヤンキーのにーちゃんも、ねーちゃんも、前肩である。

自然に育った哺乳類はすべて前肩である。

また自然に育った生物はトラス構造を用いて重力に適応している。

唯一病気の生物はトラス構造から外れている。

例えば、ダウン症の人は背骨にS字カーブがない!!トラス構造から外れている。ストレートスパインである。

エステでも整体でも、前肩や胸椎のカーブをなくす矯正が蔓延っている。

これは、お歯黒のような日本固有の文化かもしれない??

しかし健康的でないのは確かである!!

MONKY SEE MONKY DO  !!

と同じで、「日本人は自分の考えがなく、周りがやるからそうする!!」習慣がある。

そういう意味では姿勢の常識が変わるときは速効である!!WWW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です