オキシトシン と あくび と 愛 の関係 !!

あくびと性の関係
 がYahoo のTOPに出ていた。

オキシトシン(ホルモン)が、があくびを誘発するそうである。

オキシトシンは・・・・「子宮筋に収縮を起こさせ、分娩を促すほか、乳腺の平滑筋を収縮させて乳汁の分泌を促す。」  とは、知っていた。

「へーーーー」と感心しながら、男性にはどうゆう作用をするのか検索してみた!!

勃起にも、関係ありそうだが・・・・癒しホルモン   や 愛のホルモンとしても注目を集めているようである。

人間どうしが社会的にうまく機能するには,信頼が不可欠だ。しかし,新たに知り合った人を信頼すべきかどうか,私たちはどのようにして決めているのだろうか? 脳で作られるオキシトシンという神経伝達物質が信頼を築くうえで重要な働きをしている。

『 オキシトシンが「かわいい!」と思わせる』

 「幼体」である特徴を示すビジュアルを見ただけで、ヒトの中にオキシトシンが発生して「癒し」と「保護欲」が沸き溢れる。

 特に、「この立場のヒトは育児行動への傾向性が大きくないとヒト存続は難しいだろう」的な立場の個体で、オキシトシンの分泌はハデになるようになっている。

オキシトシンは恋愛ホルモンで、SEXの時だけでなく、ハグやボディータッチの時にも分泌されるらしい!!

教科書に書いてあることや、試験のための勉強は面白くないが・・・雑学の生理学はすごく面白い!!

女性の月経周期において、排卵後(黄体期)、むくみやすい!!

プロジェストロンとアルブミンの関係を調べてみます!!

閉経後、人によっては、コレストロール血が上昇するそうである。エストロゲンとの相互関係が何かあるのかもしれない!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

むくみと月経の関係