優秀なスタッフの改善!!

今年は優秀で真面目なスタッフたちが入社!!

経営者的には嬉しい出来事だが、「ちょっとまじめに働き過ぎではない!!」と感じてしまう。

残業が長すぎる!!

別に残業代が出る訳でないが、自主的に居残って作業をされている。

私的には30分でも早く帰ってもらいリラックスしてもらいたい!!

やはり工夫と改善が必要である!!

例えば、最後の患者さん、19時直前に来られる患者さんは、最初に会計を済ませてもらう。

残ったスタッフが施術の間、集計を完了できる。

掃除も改善できる!!例えば、患者さんの待合のイスは毎日拭く必要があるか??

私の感覚では、毎日、椅子を拭くと、表面が破れやすいような気がする??

前の院長先生が凄くまじめできちんとされていたので、その風習が今も残っているのかもしれない。

しかし、改善すべき伝統や風習は、改善していくべきである!!

以前は、施術していないスタッフは座る事が出来なかった。立ったままで、施術しているスタッフを診ていなければならなかった。

これは今でも、多くの治療院で行われている。

昔ながらの師弟制度…忍耐ができる人だけが、この業界で生き残れるシステムである。

しかし、自分が無駄だと思う事はスタッフにはさせたくない!!

立ってみているだけというのはすごくきつい!!  座って、忙しくなったときのために体力を温存していてもらいたい!!

・・・・・という事で、真面目な前院長と交渉して、施術をしてないスタッフは座っていてもいいというルールを創った。

私の目が届く治療院は、日本的には、だらだらし過ぎているのかもしれないが、収益率は真面目な治療院の1,5倍でシステムが効率的なので、安定している。

2つを足して2で割ると丁度いい治療院ができるかもしれない!!

スタッフたちもこのブログを読んでいると思うので、これがぐうたら経営者の意思である!!

そろそろ個別に各店舗でミーティングをしないといけない!!

どの店舗も改善すべき事が山積みである!!(-_-;)

改善を恐れずに楽しまないと!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です