現在整形外科で行われている牽引は100年以上前の間違った理論に基づいて行われている!!

脊柱管狭窄症の間欠跛行の原因を説明するにあたり、避けては通れないテーマだった!!

私の理論では、循環障害や、髄液内圧過剰論を否定するための、生体物理学である。

15年前の私の翻訳なので、英語と日本語がまじりあっているので、今度、清書して、ネットにUPできると面白いと思う!!

腰痛の為の棒技、空間技、仙結節靭帯へのアプローチと今日も盛りだくさん!!

施術をパターン化せずに、視る力を身につけると、イメージ通り、施術が進むことを体験してもらった思う。

最後にはハイヒールでの歩き方をみんなで練習していた光景は異様だった!!WWW

想像と創造する施術!!

イメージとクリエイトする施術をみんなが創っていくと、手技療法は一段と進化していくでしょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です