下方にあるゼロポジション!!

2Dの意識の中では、Oポジションは上腕拳上時(外転)にある。

しかし、3.5Dの意識の中では、0ポジションはどこにでもある!!

知っている人もいるが、知らない人が多いと思う??

次のセミナーでやる「手回し」では、いろんな位置での0ポジションが非常に重要になる。

発生学的なことから0ポジションを理解してもらい、手技においても0ポジションを使えるようになってもらいたい!!

クリエのブログ

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/7907/kikou/zeroposi.html

画像は上記より拝借。素晴らしいHPです!!

左の外転90度の時でも、3.5Dでは0ポジションは存在する。右は通常の0ポジション(外転140度)

私は手技において、中間位での0ポジションを良く使う。

普通の日常生活では、拳上の0ポジションは、スポーツしている人以外はほとんど使いません。

それに3,5Dの動きを知って初めて、0ポジションが実現します。

あの恰好(外転140度)だけでは,広背筋、大円筋にストレスがかかり、肩を壊します。

一流選手は無意識に肩甲骨を調整し、3,5Dの恰好ができています。

今のところ、2月24日の日曜日、午後4時から6時まで一部、夕食後午後8時からラスト??まで2部。

2部はお酒がはいてのセミナーになりますがそれでよろしければ参加ください。

一部内容  3,5Dの基礎(DVD撮影) 肩の0ポジション3.5D 中間位、下方位。

二部内容  骨盤のゆがみの映像診断の矛盾
!!手回し、脚回しで
リンパを流し体幹の圧を整え、姿勢を変える技!!の分析と実施。

こんな感じで行きます。詳細は来週の火曜日ぐらいに、またUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です