バレリーナ の骨盤、姿勢の意識の仕方。

バレリーナの骨盤や仙骨の意識の仕方は、時代によって変わってきている。

でっちり(骨盤前傾、W,AS)の生徒さんに・・・・・

昔のバレイ先生・・・・・「尾骨を内(前方)に入れなさい!!」

これでは上体が下がってしまうので、

最近の先生は・・・・「仙骨を上にあげなさい!!」?????と指導しているそうである。

言葉の表現だけではまったく意味が解らなかったので、バレイの先生に実践してもらった。

動きを診てやっとその意味が分かった!!後者は微妙な動きだったので、解りずらかったが、何べんも先生に繰り返してもらいやっと理解できた!!(感謝)

昔の先生は・・・・仙骨を軸にしたX軸のマイナス回旋。

現在の先生は・・・・股関節を軸としたx軸のマイナス回旋であった。

言葉ではピンと来ないと思うので、次回セミナーで動きを見せたいと思う。

今日のバレイの先生とのやり取りで、姿勢矯正の方法が進化した!!

流石、美を追求するバレリーナ!!学ぶことがいっぱいある!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です