4DSエキササイズが常識を変える日!!

ピラティス、加圧トレーニング、体幹トレーニングと常に新しいエキササイズが生まれてくる!!

次は・・・・4DSエキササイズ!!


姿勢の常識が変われば、エキササイズの方法も変わる!!

今までは腔を広げ、筋肉へのアプローチ!!が常識!!

これからは腔を狭め、空間へのアプローチが認識されるだろう!!

従来のエキササイズはエイジングをすすめ、寿命を短くする!!なぜなら腔を広げる方向でのエキササイズだからである。

腔がj広がると呼吸が浅くなり、全身への循環が悪くなる!!

動かすことによって、一時的に筋が緩んだり、循環が良くなるが、根本的なことは何も変わってない!!

通常、運動をすると腔は広ががる。しかし、睡眠などの休息時に、腔はまた狭められる!!これでバランスをとっている!!

人間は疲れている時、睡眠不足の時、過剰な運動をした時、腔は広がっている!!

腔が広がるという事は、肉体を休ませるための自然の作用であり、ブレーキでもある。

休息を催促する作用を持っている。

4dsエキササイズは、寝ながら、腔を狭くし、体循環を省エネでベストな状態へ導く!!

従来ヨガが、この目的を果たしてきたが、最近では、過剰な呼吸やエキササイズで、腔を広げる方向へと向かっていった。

現代のエキササイズは陽方向ばかりである!!

4dsのエキササイズは過剰な陽を陰の方向へ戻す。そして、ニュートラルで野性的な動物の体に人間を戻す!!

陰方向への腔を狭くする、寝るエキササイズである!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です