暑くなると頭蓋にどのような変化が起こるか?

37度の車の中で、15分間運転。初めは42度だった。クラ―が効いて37度に!!

22度ぐらいの室内では、頭蓋は弾力性があり、頭皮も良く動いていた。

運転して自宅について確認すると、頭蓋に弾力性はなく頭皮も固まっていた。

体温測定 

頭 35.2 顔 32.6 首 33.6 心臓の位置  31.4 肩前 33.4 手の平 34.5 大腿 33.6

ふくらはぎ 32.6  足32

顔や胸は発汗より体温が低下していたと思う。通常よりも低い温度!!

頭にアイスノーンを乗せる。

めちゃくちゃ気持ちいい!! 朝とは大違い!!

頭部は22度まで下がる。

しかし……今探したが、書き込んだはずのデーターががない・・・・書き留めなかったのだろうか??

昼飯行くのに急かされていたからなーー

クリエのブログ

 

今日の前菜・・・・・ヌタがおいしかった!!

3分ぐらいは測ったが、頭部を冷やしても、朝のように一気に体温上昇をすることはなく、安定していた。

冷却は頭部を冷やすことでほかの血管位は影響がなかったに違いない。

ずっと気持ち良い状態が続き、頭頂を触ると、弾力性が戻り、皮膚の動きも良かった。

脳の80パーセントは水なので暑さで膨張して、頭蓋も膨張して固くなるのかもしれない!!

熱中症の症状はなぜ起こるか生体物理学的に解明していきたいが…書くと時間がかかりそうである??

つづく・・・・

頭にアイシングをすると全身の体温はどうなるか??(人体実験)

朝起きて2時間後と、昼仕事をして熱い車の中から家に帰ってクーラーなしの部屋で全身の体温を測る。

アイスノーンを使い、頭頂部を冷やす。

冷やす前、・・頭頂部  33度  顔  33.5  胸 32.6 腹 32.4 大腿部  32 足 31

一分後 ・・・ 頭   24  顔 35 胸 34 腹  33 大腿  32  足 32

2分後  ・・・・頭   19   顔  32 胸 32.4 腹32.2   大腿 31.5  足 31.5

10分間計測したが後は誤差はあるが同じ様なパターンだった。

感想としては、朝っぱらから、頭は冷やすものではない!!WW

頭痛までにはいかないが、少し気分が悪くなる!!全然気持ち良い物ではなかった!!

頭蓋を触ると、頭蓋に弾力性がなく閉じた感じだった。

頭を冷やした直後は頭の冷えを回復しようとして、全身の血流があった模様である。

その後いったん下がって、安定した体温が、続く。

末梢の体温はアイシングによって、少し上がるようである!!

昼間の熱くなって帰ってきたときの体温は全く、感覚がちっがった!!・・・・・今晩に続く!!

家庭、治療院でのアイシングの問題!!

感覚というものは怖いもので、かなり冷えていると思って、サーモメーターで皮膚温を計ると、15度しかない!!私の感覚では5度!!

15度でも、痛いぐらい冷たかった。・・・・

アイスノーン(ジェルの入った氷)にタオルを巻いて冷やしても、全然温度が下がらなかった。25度まで!!

直接皮膚にアイスノーンを当てる。アイスノーン自体の温度はマイナス2度。

しかし、四角い個体で凍っているので、丸い筋肉の面にあたらないため、なかなか冷えない。

溶け始めて柔らかくなるとすぐアイスノーンは15度ぐらいになった。

しかし、わざわざアイスキューブに水を入れて、冷やす手間をとりたくない!!

今まで、何十年も、私が家でやっていたアイシングのやり方はタオルをアイスノーンにまいていたので、体表温度は25度ぐらいにしか下がっていなかったに違いない!!

ここ地良い冷たさだった。

これでは鎮痛作用があるわけない!!

鎮痛作用に良いとされる適温は10度である。

しかし・・・・・腫脹があり炎症があるときに、10度に下げるのはかなり厳しいような気がする。

一人でアイシングするときと数人で実験でするときの感覚も全く違う。

緊張感があるのか、数人で実験という形をとると、15度ではまったく痛さを感じない。10度を切ると痛い。

一人で家で冷やすと15度でも痛い。

患者さんは、治療院内では緊張状態にあるので、冷たさに鈍感になることが想像できる。

患者さんの感覚に頼るのではなくサーモメーターで、客観的に測る習慣をとるようにした方が良いだろう!!

凍傷を避けることもできるし、適温で冷やすことで効果的なアイシングができることが期待できる。

人間の感覚の恐ろしさ!!

たかが・・・アイシングだが面白い!!リサーチをするといろんな真実がわかってくる!!

鼡径部(またの付け根)を温めると足の温度はどう変わる!!

今朝はモーニングコーヒーで実験です。ホットなコーヒーを股間に当てて、足の温度はどのように変わるか??

コーヒーの液体の温度は44度、器側面の温度は43度でした。パンツの上から股間に当てたら気持ちい感じ!!

実験前の脚の温度が太もも内側32,5度、ふくらはぎ32度足の裏31度ぐらいでした。

足首の激痛はなくなり、足の裏は昨晩は熱かったですが今朝は触ると冷たいです。

一分後…太もも33度、ふくらはぎ32,5、足の裏30,5度ぐらい。少し足の裏の温度は下がったかもしれない??

アイシングと比べると、短時間での、劇的な変化はない。

ホットパックを使ってまた実験します!!

今日は仕事が休みなのでモーニングでも行きたいです!!間に合うかな??

世の中の常識は玄人の大人ではなく、素人の若い純粋な心を持つ者が変える!!!!

アインシュタインは、物理学の世界では落ちこぼれで、大学教授になれず、特許長にで働く。そこで相対理論が生まれる。

この業界!!(整形、手技療法!!)サボりすぎ!!もう少しみんな勉強セント!!

他の分野と比べると真実の追及がすごく遅れている!!

クリエのブログ

「今時、電療は全く効果がない!!」と言ってるぐらいである。

ヘルニアも、脊柱管狭窄症も電療でも治る!!www

臨床経験のない学生でも、世の中の常識を覆し整形の先生以上の知識や情報を得ることができる世界である。

前置きが長くなったが、次の実験結果を発表する!!

膝下にアイシングすると、ふくらはぎの温度が低下!!

35度が34度に・・・・・

足の裏は35度を保つ!!

しかし・・・・・足首外側が痛みだす!!

これはふくらはぎと、足の裏の一度の違いが起こしたものかもしれない??

しかし、時間がたつにつれて、痛みは解消していく。温度差はあまり変わらない。

昔足首が痛くなった時、足首にアイシングをした。

全然痛みはひかなかった。それどころか、アイシングを止めたことで血管が拡張し、うずき始めた経験がある。

結論としては、外傷がない局部への炎症や熱は、直接、アイシングするよりも中枢からアイシングすることで、一関節の上下の温度差すなわち圧の差を均等にすることで、痛みという症状が消えるかもしれない!!

昔から局部にアイシングすることは嫌ってました。なぜならアイシングの後の体温上昇があることがわかっっていたからです。

それよりも局部に熱感を感じたら、その上下に(冷えを感じるところ、)を温めて、上下の圧のバランスを整えることで痛みの喪失が効率的だということを臨床で発見済みでした。

アイシングは使い方によれば、機能構造に働きかけるよりも、痛みの喪失に対して、効果的かもしれない!!

岡山は気候にも恵まれていますが、業界の講師陣にも恵まれています!!

「業界全体を良くしていこう!!」という純ハートの持ち主が多い!!

産学民による協力で、世界一の手技療法の技術と情報を発信できる場所になる可能性があります!!

私は、今は忙しすぎて行動に移せませんが、ガンガン、ブログで発言し、其方の方向へ進むように、意図して書き込みます!!

教授、学生の皆さん頑張ってくださいよ!!期待しています!!

アイシングはやり方によっては激痛を治す!!

次の実験は、左の鼡径部を冷やすと、右側にはどのような変化が起こるか!!

これは、PTの先生の卒論を翻訳した時に、発見した事を実験した。

左脚を電気で緩めると、右脚も同じく緩む!!視床下部の勘違いにより、左に刺激が伝わると、右も反応してしますという論文だった。サルを使った動物実験だった。

これがアイシングに適応するかの実験をした。左鼡径部を冷やすと、もちろん左の脚、ふくらはぎ、足は33度から35度を示す。

そこで右足を測定すると、右脚、35度、ふくらはぎ35度と左に連動して温度上昇!!

すげ―――――発見!!

ノ-ベル証もんやんWWWW

冷やすことで、血管が拡張し末梢の血流が上がる!!また脳が勘違いしてか、腹大動脈の拡張によってか、右の足や脚の体温も、左と同じだけ上昇した!!

あのときPTの先生の英語の和訳を助けったことによって、新しい発見がもたらされた!!

良いことをすると数年後に恩返しが来た!!

次の実験は左の膝下を冷やすと、どのような変化が現れるか!!

私が死ぬ前にすべてを書いていきます!!WWW

世界の常識は若者が変える!!アイシングだけで激痛を治す!!

私の今晩の実験は、20代の若者が発見した実験結果をもとに私の体を使い人体実験し新しい発見をしました!!

発生機序がわからない、外傷がないときでも、激痛に襲われることがあります。ぎっくり腰や寝違いな度はみなさんは思い当たる節があるでしょう。

私は物理的、精神的なストレスを感じると、古傷の左足の靭帯損傷が、激痛に襲われまともに歩くことも困難になります。

最近忙しすぎて、休む暇がなくとうとう久しぶりに足首に激痛が発症しました!!

科学的根拠を得るために、必殺サーモメーターを使い温度測定をしました。

足の裏、34度、ふくらはぎ32度、太もも31.5度  足の裏は熱でジンジンしています。

そこで実験開始!!この実験は世の中に残していかないといけない発見であり、もしかしたら明日の朝、私はアル中で即死しているかもしれないので文章として残しておきます!!

誰かこの後の検証をお願いいたします!!

まず、今日のNさんグループの実験で、大きい動脈をアイシングで、冷やすと末梢の温度はどうなるか??…という結果がすごく面白かった。

実験は、大腿部の大きい動脈を冷やすことで、ふくらはぎの温度にどのような変化が起るか?

予測では、末梢は冷えると思いがちだが、実験結果は、温度は5度以上上昇!!

私…4「すげーーーーー!!」

これでわかることは、中枢を冷やすと、末梢は暖かくなる!!

すなわち、」足先の冷え性の人は、鼡径部をアイシングすれば良い!!WW

これを私の家で、人体実験!!

鼡径部を冷やすと、・・・・・足の温度35度、ふくらはぎの温度35度、太もも、33度と、確かに末梢の温度は上昇!!

それ以上に驚いたのが、足首の激痛がなくなったこと!!

何となく、予測はできていたが、部位ごとの温度差が、痛みや、不調を発症する。温度差ということは、圧の差ともいえる!!

体液の循環が上下左右で一緒ならば、構造的な異常があっても、(ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症など…痛みなどの症状は症状は発症しない!!

このような構造的な要因を現代の最新医療情報は、心因的なものとかたづけている!!

「ぼけ!!めをさませ!!」

痛みという症状があるということは、何らかの化学的根拠があるに決まってるじゃないか!!

それが誰でもリサーチできる体温かもしれない!!

今晩の次の実験につて次のブログで書きます!!