関節機械受容器 アティキュラー メカノリセプター

関節機械受容器でネットで検索しても、あまり役に立つサイトが見つからないので生体物理を翻訳して記録に残しておきます。

Barry Wyke(Neurological Laboratory, Royal College of Surgeons of England) Articular neurology
 FreemanとWyke(1964, 1967)は関節の受容器終末を形態的に4つのタイプに分けた。

I型
  • Ruffini type receptor
  • 遅順応受容器
  • 低閾値機械受容器
II型
  • Pacini form reecptor
  • 速順応受容器
  • 低閾値機械受容器
III型
  • Golgi腱器官に似た構造
  • 関節靱帯の表面に分布している。
  • 機械刺激の閾値が高く順応も遅い。
VI型
  • 侵害受容器

http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/basic-joint.html

上記のような解釈で、書いてありますが、だから何なの??と思います。

手技療法において、どのように解釈して、活用していくか??が問題となります。

CBPの私の翻訳・・・・・・

Ⅰ型は、表層の関節苞に多く分布し脊髄では上部頚椎に集中し、遠位に行くほど、分布は減少する。

静止時の関節位置、関節苞内圧の変化、関節の動きの速度方向性、強度を感知するレセプターです。

関節の位置関係、関節の動き、位置変化を感じる固有受容体の役割をしている。

Ⅱ型は、芯部の関節苞に多く分布し、静止時の関節には、活動していません。刺激の伝達は関節の動きの減速時、加速時に起こります。Ⅰ型と比べると、遠位、末梢に多く分布しています。

Ⅲ型は、椎間関節 と ゴルジ腱受容器に存在し、関節の動きで刺激は伝達される。Ⅲ型は主に筋肉の動きを調整する。

Ⅳ型は、侵害受容器で、関節への化学的、機械的変形を伝達する。異常を感知する受容器である。

手技は、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型を刺激することにより、Ⅲ型の侵害受容器の伝達のゲートと筋スパズムをコントロールすることで、正常な関節の動きと感覚をリセットする。

これらをまとめると・・・・(私の解釈)

上部頚椎への刺激(Ⅰ型集中)は、姿勢の保持、関節の動きの矯正に有効で、方向性や位置を矯正やリセットすることに役に立ちます。

末梢にある関節への刺激(Ⅱ型)は、末梢の関節の動きに合わせて刺激を与えると、有効である。

Ⅲ型は、腱や脊椎周辺の靭帯を刺激することで、筋スパズムなどを解消することができる。

ざらっとこんな感じで、医学書よりは、身近でわかりやすいと思う??

メカノリセプター と 経絡 の融合 !!

最近、鍼灸師でもないのに、経絡に興味を持っている私です。

身体的に効率的で負担の少ない姿勢を維持するために、今までは、楽な位置(良姿位)に持っていき、Aa,Abの刺激でメカノリセプターの記憶をリセットしていた。

又は、患者さんの5感を使い、学習してもらう事で、楽で効率的な自然な動きを認識してもらっている。

姿勢、機能矯正において、末梢の屈曲伸展動作によるAa,Abの刺激に合わせて、経絡の刺激を加えることで、鎮痛の作用と同時に、メカノリセプターによる位置関係のリセットが、従来以上に効率的に行われる可能性を感じる。

素晴らしい鍼灸師が増え、末梢から首や腰の痛みを手技でも、改善させているのを目のあたりにして、

「これは取り入れるしかない!!」

と、思っている次第であります!!

彼らは機能構造はあまり見ていません。経絡のラインをみています。

私は機能構造をみながら、経絡のラインも診ていきます!!

現状に満足せず、新しいものに挑戦していけば、違う次元の世界が見えてくるかも知れません??

ゲートコントロール セオリー の矛盾??

施術家は手技、鍼、電気などの刺激により疼痛を緩和させるというゲートコントロール を誰もが知っている。

カイロは関節を刺激して、Aa,Abの高速で太い繊維、また低閾値の刺激で、Aδ、Cの細い痛みを伝達する神経伝達路を遮断する。

鍼灸でも同じく、ツボの刺激により痛みの神経伝達路を遮断する。

又脳内麻酔のエンドロフィン、エンケルフィン、セラトニンなども、分泌され、脳からの下行性の痛みを抑制する物質も放出される。

最近ゲートコントロール
の矛盾についてよく言われていたがそれが何なのかがよくわからなかった。

上記のカラーのリンク先を診れば新しい理論について書かれている。

私が注目した事は、

>>>>>修正も含めてゲート・コントロール説の伝えたことは

  • 疼痛体験は単に末梢から中枢への一方通行の感覚ではなく、中枢からの関与(感情や認知の要素)や脊髄後角の神経線維間の活動量の競合の結果である。

私たち施術家は、ツボや関節への末梢への刺激だけで、痛みを緩和しているのではなく、患者さんの感情、情動をコントロールし、求心性の情報伝達の抑制だけでなく、脳からの遠心性のホルモン分泌にも影響を及ぼしている。

又プラシーボなどによる錯覚や自律神経のコントロールも、施術という演出によって、痛みを緩和したり可動域の正常化を促している。

他にゲートコントロールセオリーの根本的な矛盾があったら教えてください!!

ぎっくり腰??・・・・婦人系疾患??

歩行困難で、身家に連れられてきたぎっくり腰の女性。

腰全体が痛い!!

左右腹斜筋の硬縮は同じぐらいだが、右側を軽くつまむと

「ギャーーー!!痛い!!」  と凄いリアクション。左は無反応・・・・

何か・・・不自然なぎっくり腰???筋肉だけでなく皮膚も敏感である。

内臓からの放散痛か???

不自然を触知し、右卵巣あたりをスラストすると・・・・・

右腹斜筋の激痛は、無くなる。

最初は治療台に寝るのも困難だったが、帰りはすたすたとベットから起き歩いて帰られた。

患者さんに話を聞くと、生理不順であまり、子宮系は良くないとのこと。

念の為に産婦人科に行くことを薦める。

何もない事を祈る!!

倉敷開院??

「うちは来年、倉敷に分院創るらしいですよ!!」・・・・・・スタッフ・・・・患者さんへ

私……「誰からそんな事を聞いた??」・・・・??

噂は一人歩きする・・・

私は倉敷出身のスタッフに・・・・・「いい物件あるか普段から、気をつけて見といてね!!」

と・・・・先週言った。

そりゃ^^^^倉敷周辺出身のスタッフや学生たちが多いので、倉敷に治療院開きたい!!

スタッフたちは、一日3,40分の通勤時間が削減できる。

しかし、いくつかの条件がそろわないと、開院できない。

まず、物件、新卒採用6人以上、お金・・・・

私の計画は、分院を南下させて、九州までたどり着くこと!!倉敷、福山、広島・・・・・・・福岡、佐賀。

倉敷は最初の挑戦で、自分の目の届かないところ(遠方なので簡単に行ききできない。)で、ちゃんと運営できるか??

新たなシステム創りが必要になるだろう!!

困難に挑戦していくこと!!が自分の成長につながるだろう!!

飲食業を経営するとしたら高級和食??

この不景気の世の中、外食産業で勝ち組となっているのがお手軽な?高級チクな和食の店。

岡山での話であるが、何処の和食の店もランチタイムはいつも満席。予約をしないと入れない!!

ランチの価格帯は1800円ぐらいから・・・・・

クリエのブログ

松茸の・・・・??

クリエのブログ

マイタケの・・・・??

クリエのブログ

イカの塩辛が、塩辛くなくておいしかった!!

クリエのブログ

さといも??ノ素材の味がGOOD

クリエのブログ

お茶づけ

クリエのブログ

梨 インサイド

このメニューが天心・・・2500円

しかし・・・・・・これらを完食した後すごくお腹がすく!!このあと・・・・すぐに

吉牛 でお腹を満たす!!WWW

和食って・・・カロリーと塩分低い!! 汁物は白湯に近い!! 一生懸命味合わないとと味がしない!!WW

和食の店って、女性客でいつもいっぱい!!高齢化社会で、イタリアン、フレンチ、焼肉よりは低カロリーで繊細で綺麗な和食に人気がある!!

チェーン店の高級豆腐料理の店もいつも客でいっぱいである!!

食材は安くても一手間加えるだけで、CP(コスパ)が凄く良くなる!!

やるなら高級和食!!

経絡 と 生体物理 !!

足の指先から、顎関節を矯正するとき、ただ単に、足関節を刺激するのではなく、掴む場所をツボ、経絡に沿ってやれば、効果が一段と上がるような気がする!!

また、経絡の流れも生体物理学的に説明できるようになるだろう!!

今日、足から頚椎の可動性を上げ、症状を改善するパターンを教えてもらう。

頭部回旋で痛みがある時は、ここ!!側屈はここ!!前、後屈はここ!!

それを足からと手からと教わる!!今日はノートを取った!!

全て陰陽の理にかなっており、話を聞くだけで面白い!!

生体体物理学と経絡を照らし合わせ、検証していけば、おもしろい類似点が生まれ、経絡を生体物理学的に説明できるようになるだろう!!

結果が表れるという事は、物理学的に何らかの変化が合ったことを示す、宇宙の事でも、人体の事でも物理で、表現する事が出来るだろう!!

これを私がやらなくていけないと言う事がめんどくさいが・・・・途中までやって誰かスタッフにやってもらおう!!WWW

神経学も、生体物理で、だいたい説明できる!!

神経や脳的な要因で、身体の変化が起こっていると思われていつ専門家が多いが、全く違う場合が多い!!

これもまた変化が起こるという事は、物理的に、解釈できることである。

めんどくさいけど初めだけ、私がやります。・・・・(-_-;)後は宜しく!!

石原知事の姿勢 !!

80歳という年齢は関係ない!!やはり、姿勢、脳、心が重要である!!

石原都知事が国政へ復帰という会見!!

正面から診ると、80歳にしては姿勢がいいな!!・・・と感心。

姿勢が悪いと脳への血流が悪くなり思考能力が落ちる!!

石原都知事の行動力、思考力は、姿勢から来ている事がわかる。

しかし、横から歩く姿をみると前傾気味で、少し頚椎のカイホーシス(前弯)がみられる。

京セラ、JALノ稲森氏も80歳以上・・・・・

われわれ中年も頑張らんと!! と刺激を受ける!!

日本を良くする方向!!自分ができることを実践していこう!!

透視能力をつける!!

ロシヤの少女で、癌などの内臓疾患を透視できる少女がいた。

昔、TVでやっていたが、やらせだったかどうか?わからない。

姿勢や表情をみて、病気を当てたり、悪いところを当てることは可能である。

しかし、全身に布をかぶせた状態で、体の悪いところを当てる事は、無理にしか思えない!!

姿勢と体の動きをみて圧迫骨折があるか?はわりと簡単にわかる。

狭窄症があるかどうか、?も経験上、背中を診ればわかる。

最近診ることを怠っていた!! しかし、視診の重要性を最近非常に感じる。

3Dで全身をみる事は簡単なようで難しい。最近衰えているので、今日練習をした。

3Dで、全身を診るには、イメージの記憶力が必要である!!

首をみながら、下腿の動きも一遍に診なくてはいけない!!

全体をみる速読と同じような能力が必要である!!

空間技をするにも、3Dの触診が必要である。

今日はゼミで練習させてもらったが、正面からはうまく行ったが、後方からは前面の動きが見えなくて、うまくいかなかった。

目と脳の衰えを、鍛え直すために空間技を患者さんにも使っていこう!!

就職氷河期 突入・・・・

せっかく国家資格をとっても、就職難に見舞われる。この業界での就職氷河期を肌で感じる。

PTや鍼灸は、以前からあるようだが、柔整師も、過剰になってきている。

就職説明会で、岡山市で14院の求人、倉敷で8院、昨年と比べると随分と減った。

2年後には、他校の卒業生も出る。

解決策としては、専門学校付属の治療院に就職できるシステムを創る!!

現在、学校の先生だけが、施術者である。そこに卒業生を入れて、給料安くてもいいので、卒後教育の場所を創る!!

ここに行ったら患者さんは安心!!・・・という大学病院的なものがこの業界では必要である。

また、そこで、データー取りをして、リサーチして手技療法の優位性を世の中に示していく!!

業界全体のレベルアップを図り、手技療法がもっと認知されれば、何時間も待っていく整形の患者さんを半分に減らすことができる!!

国家の医療費も削減できるでしょう!!

自分の治療院事業を拡大していっても、あまり意味がない!!

根本の教育の部分を変えていかないと、世の中は変わらない!!

やっとこの業界の師弟制度が崩壊し、(学校が自由に開けるようになり、多くの人が学べるようになった。)

次なる業界編成の時が来ているような気がする!!

私はその手伝いをしていきたい!!想像しただけでもわくわくする!!WW