4DS プラクティショナーとは?

4DS Practitioner (プラクティショナー)は、実際に患者さんを矯正し、靭帯の粘性に働きかけるノウハウを熟知した施術者です。

姿勢の改善だけでなく、症状の改善もでき、治療院の運営もできます。

常識や固定観念にはとらわれず,あらゆる視点で考察し、実験、立証していく手技療法であり、理論、哲学である。

日本の4DSプラクティショナー 下記

東京 4DS プラクティショナー 大賀正幸1c 下田純一C 9・15 馬場 正孝 9・15

埼玉 4DS プラクティショナー 宮庄隆行1c 設楽契子2c 内山宏2  吉田 行展 9・15 斎藤博子2c 藤江達矢2c

4DSの考察とは?

 

人体の機能構造、人体における症状の考察をまとめてみました。