手技において、「なぜそうなるか??」わかるコツは?

「その手技で、なぜそうなるかわからないけど、、改善するからいいか!!」・・セミナーなどで良く聞く言葉である。

ゼミで、骨盤の手技をしていたが・・本当に単純な動きばかりである。

2Dレベルのカイロプラクティックを知っていれば、「方向性やなぜそうなるかが簡単にわかる!!」

たった、5つの骨盤の変性を知れば、脚を伸展させやすくしたり、屈曲したりしやすくできる!!

「AS、PI、 PS、AI、 SAL OR SAR」・・・・たったこれだけ!!

実際は、3つだけで良い!!  ASとPI   PSとAIは逆の動きだからである。

これ等の変位で、どの筋が短縮するか、圧痛が出るか??  イメージするだけでわかるようになる。


ほとんどの手技は、これを基本位、手でやるか?足でやるか?直接触るか、末梢から触るかである!!

掛け算の九九はは暗記で良いが、足し算引き算ができなければ、常に不安の中での施術となる。セミナー行っても、吸収力が半減するので、もったいない!!

鍼灸や、柔整では、機能構造の基本の勉強をあまりしない。

「まずは基本から、教えないといけない」と前回のゼミで気付く!!

前肩にすると、健康、美人になる!!

前肩になると、胸が大きくなりウエストがくびれ、肩幅が狭くなる!!

世界の美女はみな前肩である!!

また、呼吸も深くなり、内臓への血流も良くなる!!

運動学や解剖学の教科書には、前肩が理想的な肩の位置と表示されている!!


昨日に書いたS字カーブの様に、頭では分かっていても、逆の方向(悪くなる方向)に姿勢を矯正する。

下記リンク参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11884878011.html

しかし、日本では、前肩が悪い姿勢の代表とされている!!

腕は前についているもので、胸の前で使うことが多い!!

横についていては不効率で肩コリの原因になる!!

前肩になると背中で呼吸をすることができるようになる!!

背中で呼吸ができると腰や肩の筋肉は呼吸と連動して、数秒に一回は運動していることになり、リンパ液の循環をうながす。

すなわち、背中に老廃物が溜まりにくなり、肩こりや腰痛を防ぐことになる!!

胸を張っている人は胸で呼吸をする。または最悪の場合、

肩で呼吸をする。

息をするだけで肩こりになる。

「前肩が理想」と理解できない人は、4DSの姿勢セミナーで、わかるまで教えます♪♪

「ストレッチ」という名の整体 IN 東京 

昨日、TVで「ストレッチ」…という名の整体屋さんが流行っているということで、取材していた。

TVにも時々出ている整体師の先生が…「背骨にはS字カーブが必要なのですよ!!」

・・・・・・と「姿勢の絵」が書いてある挿絵で説明していた。

絵の背中の部分に「S」の字は示していたが・・・・

胸椎・・・・が、「前弯」していた!!……唖然!!


胸椎は、後弯・・・・・・すなわち後ろに丸いのが正常!!

この先生はよっぽど無知なのか??スタッフがアホなのか??意図的にやっているのか??

S字カーブは・・・・首が前弯、背中が後弯、腰が前弯・・・・が理想である。



胸椎が前弯する状態は・・過剰に胸を張っている時に起こります!!

ストレートスパイン…と言って上から下まで背骨が真っ直ぐの病的姿勢より、さらに酷いのが・・胸椎の前弯です!!

ここの整体だけが悪いのでなく、多くの整骨院や整体でも、逆方向の姿勢に指導、矯正している。

マスコミを含め社会全体の問題である。

私にとっては、「姿勢の教育をまともにする!!」…という仕事に、より一層、やりがいを感じるだけである!!

この番組・・・・「女子が行列をなす流行の店」・・・のようなタイトルで飲食店などをまわっていた昼の番組です。

アルフィーの高見沢さん(金髪の方)と鶴野たけしさん、若手のハンサムタレントと3人が出ていました。

動画見れたら検証してみてください♪♪

背中を丸くし、前肩で細くなる!!

小学生低学年は、理想的な姿勢の子が多い!!

背中は丸く、前肩である!!」

 

姿勢教育をまだ受けておらず、生まれたままの自然な姿勢だからだ。

「背筋を伸ばして、胸を張って!!」という姿勢教育を小学の高学年ぐらいになると、受け入れ、習慣化する。

小学低学年で背筋を伸ばし、胸を張っていた少年。

頭痛と嘔吐を繰り返す。


肩が上がり、首が短く、太い。全身がむくんでいた。


首周辺の筋硬縮が首の血管や神経を圧迫していたに違いない。

まず、背中を丸くして、前肩になるようにコーチング。親御さんにも協力してもらう。

数か月後には、嘔吐も頭痛も無くなる。

また、首が長くなりホッソリ、手足のむくみも改善!!

まず、背筋を伸ばして、胸を張るとS字カーブが失われる。ストレートスパイン、ストレートネックになってしまう。

上の写真、丸い子供の背中が正常!!   お母さんは平背気味!!




背中は丸いのが正常!!

背中が丸くないと頸椎(首)は前弯しない!!

また、背筋を伸ばした姿勢だと、肩を上げる事で呼吸をしてしまう。


これが首を短くして、首を太くする原因になる。

母親に聞くと、ほとんど姿勢教育はしたことがないそうである。

「生まれつきなのか??」と思っていたがちゃんと原因があった!!

なぜこの少年の姿勢が、こうなったか??先日やっと原因が分かった。

  話は次のブログで!!

脚がつりにくい姿勢は? O脚?X脚?

女性の方が男性より脚がつりやすい傾向にあります。また冷え性も同じです。

その大きい違いは何でしょう?

女性は、X脚の人が多く、男性は、O脚の人が多いからです。

骨盤と太ももの間にある鼡径部には、神経、動脈、静脈があります。

下記リンク参照

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11769873861.html

X脚の人は、太ももを内転、内旋させて、神経や血管を圧迫します。

水の流れるホースをねじった状態です。

捻じれることで、循環障害をお越し脚がつる原因の一つとなります。

また、太ももが内旋すると、骨盤が連動し、お尻がでっちりになります。


その結果、太ももの裏やふくらはぎ、足底がストレッチされ、脚の裏の筋群は常にストレスを受けることになります。



同じく坐骨神経や後方の血管もストレッチされ筋肉により圧迫を受けます。

循環障害は脚の前にも、後ろにも起こることになります。

脚は冷え性になるし、脚がつるのも無理がありません!!


その解決法は??


脚を寝るときには、おっぴろげることです♪♪


SEXYでしょう!!

先日の続きでした。下記リンク

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11883078757.html

次回、違う解決法をUPします!!

お楽しみに!!

顔の歪みは噛み癖から?背骨から?

顔の歪みの矯正で来られる女性の多くは、左右の顔の大きさの違い、顎に歪みがある。

首から上だけの施術でも、十分顔の歪みは取れるが、それを維持するには、首から下の全身を診る必要がある。

そもそも、「なぜ顔が歪んだか?」を考えると、顔より下にある関節で、

左右のバランスを補うことができなかったからである。

人間は脳を安定した位置に維持するために他の身体部位を犠牲にしている。

座位、立位の時に人間は、目線を水平にしておきたい!!



例えば、足関節に問題があったとしても、骨盤や背骨を歪ませることで顔の歪みを最小限に食い止める。

逆に、噛み癖があったとしても、(右ばかりで噛むとか)、背骨を歪ませることで、顔の歪みを防ごうとする。


人間は土台が歪んだとしてもトップ(脳、頭蓋)を安定した位置に保ちたい!!



顔の歪みが大きい人は、身体も大きくゆがんだまま、背骨の関節の可動性を失っている。

顔から下が固まっているため,下顎や顔面頭蓋で全身のバランスをとっている。

答え・・・顔の歪みは、噛み癖よりも、脊椎関節の硬さが大きい影響を及ぼしている!!


頭蓋からの矯正だけで、骨盤や背骨が左右均等になる!!

その変化に、患者さんは驚かれる。

しかし、それは一時的であり、やはり維持するには、全身を診ていかなくてはいけない”!!

頭だけではだめだし、背骨だけでもダメだ!!

人間は全身を使って体の歪みを分散し、補正しようとしている!!


顔が歪んでいるということは顔から下もかなりひどい状態である!!



脚がつりやすいのは、自律神経のせい?水分不足?

テニスの試合の時は2試合目で脚がいつもつる女性。いつも、つらないように十分に水分ミネラルをとる。

そして前日にはつらない様に漢方も飲む。

そのかいもなく、毎回必ず2試合目以降には脚がつる。

昨日、その彼女が、順位を決めない、総当り戦で、5試合テニスをした。

その日に限って、、前日漢方薬も飲まず、普通に一生懸命にテニスをした。

だが、5試合テニスをしても全く足がつらなかったそうだ。

順位の決まる試合では、緊張感を感じるのだが、昨日は緊張感を感じなかったそうだ。


上写真の説明・・・脱力した運動は脚がつりにく故障を防ぐ!!

運動量は、いつもの試合と同じで、汗のかき方もいつもと同じ。

水分とミネラルは同等に排出されている。

しかし、緊張感のある試合、2試合で足がつり、一方、緊張感のない試合では5試合しても全く脚がつらない。

その差は何か??

結論・・・・・水分やミネラル不足で、脚がつりやすいのではなく緊張感による交感神経が優位になることにより、筋肉への神経伝達がうまくいってない可能性がある。

脚をつらせる原因の一つがγ(ガンマ)ニューロン です。


γニューロンのアスリートへの影響?・・・・・・下記リンク先

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11822062789.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11728201506.html

γニューロンの解剖学

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11775552948.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11770207699.html

スポーツをする人だけでなく、日常生活で脚がつる人も、自律神経の影響で、脚がつっているのかもしれません??

ミネラル、水分不足、は脚がつる第一の原因でなく、他にあるような気がします。

脚がつる。下記リンク・・・・

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11875055245.html

http://ameblo.jp/creaidea/entry-11524288904.html

次は脚をつることを防ぐ方法を書きます。 お楽しみに!!

ジョジョ立ちセミナー 6月 スタンド使いを育てる!!

今日は、ワークショップ形式のセミナー、講義は、眠くになるのでエキササイズを多めに入れた。

来てもらうだけで、身体が良くなるセミナー形式!! 理想!!

施術を受けなくても、慢性の腰痛や肩こりを失くす世界!!筋肉や関節ではなく、脳に働けるセミナーに、近づいて行っている。


夜のプロの部では、可動抵抗運動と抵抗運動では、180°違った結果が生まれてくることを体験してもらう!!

操体法も感覚ではなく、法則を知ってやれば、すごく使いやすくなる!!

ちょっと脳に汗を書けば、誰もが法則が解ってしまう世界!!


技を覚えるだけでなく!!診て感じて、実験し、データーを確認する作業をすれば、誰でもスタンド使いになれる!!

第三の眼を持とう!!

6月22日 姿勢セミナーのタイムテーブル IN 岡山

明日は、OBスタッフたちも参加の姿勢セミナー!!私は、あまり人とコミニケ―ションをとらないので、誘うことはないですが、来てくれたらウエルカムです♪♪

13時50分 姿勢分析

14時  挨拶

綺麗になるための姿勢の作り方・・

かかと歩き、お腹ペタン子、ペンギン歩き、椅子歩き、

15時・・・休憩

ハンズオ…初めて来た人を分析、手技します!!

15時10分 4DSダンス

クリエピローの使い方

15時半 …軸合わせの基本。

日常的に気にするだけで、循環が良くなり、浮腫み、肩こりや腰痛が無くなる!!

マウスの使い方。寝方、座り方、本の読みかた・・・・

17時30懇親会

20時・・・手技セミナー


無料セミナー

日時・・・・  6月22日 日曜日  14時から  16時半時まで

場所  岡山市 天神山 文化プラザ 第一会議室
   の予定!!

天神山 文化プラザ  第一会議室は 3Fにあります。

http://www.tenplaza.info/introduction/access.html

17時から19時ぐらいまで懇親会。

有料セミナー  19時半から  21時ぐらいまで??


内容・・・・「3Dと3・5D の違い!!」「手首からの全身連動、抵抗運動と可動運動の違い!!使い分け!!」

場所 アクア接骨院

参加料   1万円

有料セミナー参加希望の方は FBのメールか  下記 私のメールへ!!

horik75@hotmail.com