空間を切る施術!!

空間技には、症状の原因を探す技と、機能構造を変える技があります。

空間技を使える患者さんと使えない患者さんもいます。

あまりにも体がぼろぼろ過ぎる人は使えません。なぜなら、どこの空間を探っても体が反応するからです。

ある程度、体を整えた後にやると効果的です。

アスリートなど体を良く動かしている人には適していて、正確な空間技が使えます。

右のアキレス腱が痛いバレリーナ・・・・・・・

原因を探るために足先から腰部、胸部頸部まで、空間を探る。皮膚から15センチぐらいのレベルの空気をスイ―プする。

今日は、全然反応しない??

細部を調べる・・・・

右足の外果「くるぶし) で反応!!

全身が一瞬で変わる!! 感動する一瞬である!!

右の骨盤、胸郭、膝が仰向けで寝ているとき高い位置にあった。

体を触らなくても、左右の位置が均等になる!!

揺さぶって体が元に戻るか確認。

戻らない!!これは検査と矯正が同時にできた例である!!

今日は空間が切れた!!

立ってもらいアキレスを確認してもらう。痛みはない!!

こんなに切れ味が鋭い事は、頻繁にはない!!

患者さんの体にバックリングが残っていては、一瞬で全身を変える事が出来ても、維持する事は難しい!!

私の意識と患者さんの潜在意識で、芸術的な技が生まれる!!

上半身と下半身の連動!!

野球のピチャーが肩を痛める原因は肩ではなく、下半身にある事が多い。

上半身の動きに対して自然な連動ができていないと、肩に負担がかかる。

上腕に対する体幹の連動が失われるため、投球時に、肩が下がってしまう!!

昔から、ピッチャーは他の選手よりも、走り込みをさせられていた。

コーチは、感覚的で指導していので、どういう効果があるとは解っていない。しかし、「走り込みをさせれば、故障が少ない!!」という経験則を持っている。

長年かばってきた慢性の腰痛の患者さんも、上半身と下半身の連動が失われている!!

関東から来られている坐骨神経痛の患者さん。

患者さん・・・・・「後2日で治りますか??」「もし治らなければ、滞在期間を延ばします!!」

私・・・・「臀部の無意識な緊張が取れれば、治ると思います。」

私の本心・・・・「いつまでに??そんなのわからない!!」(謝)

多分このブログをみておられる患者さんの家族たち!!(こんにちは!!)

どのくらいで治るかというのは経験則でしかわからない。

ぎっくり1週間、寝違い1,3日などなど・・・・

しかし、長くかかると思った患者さんが一回で治る事もあれば、すぐに治ると思っていた人が長引く事もある。

患者さんの精神状態や前日に何をやったかで、症状はかわってきます。

私たちは客観的に、診た事を伝えるだけである。

検査により、最悪時よりも、患者さんの体の状態が今どの位置にあるか常に報告はしていきます。

「いつまでに治ります!!」とは言えませんが、「こことここが正常になったら、症状はなくなるでしょう!!」と、言う事は出来ます!!

ムカデ娘と一夜を・・・・・

今日朝起きると股間の方が騒がしい!!

起きて、股間をみると・・・・・「ギャーーー――」

ムカデがパンツの隙間にいる!!

あわてて、手ではたくと、太ももを伝わって、私の足の裏で止まる!!

クリエのブログ

スローモーションに感じるこの瞬間。

ムカデが太ももの上を横断しているとき、ムカデの足が感じられない!!

ムカデが走っているとき、触覚として自分の皮膚には感じ取れなかった。

なんとスムーズな走り!! ちょっと感動!!

そのまま足の裏でじっとしている間に、嫁がテープを持ってきて、とって、貼り付けられぐちゃぐちゃにされながらゴミ箱にぽいされた。

先日今日の5倍ぐらい大きいムカデを退治した。今日はその息子か娘だったのだろうか??

親の仇打ちに来たのか親を探しに来たのか??

一晩を共にしたちチャイムカデは、かわいらしくも感じた。殺生やな??(-_-;)

脊柱管狭窄症 の 患者さんの MRI映像

昨年の冬ごろは歩くのも困難だった脊柱管狭窄症の患者さん。

最近は台所に立ったり、畑をしたり、散歩をしたりと、通常通りの日常生活を送っておられる。

夕方になると左右の臀部に違和感をまだ感じられる。

普通の慢性の腰痛の人よりは楽な感じである。

最初はブロック注射と施術併用されていたが、私の説得があってか??手技療法だけに専念される。そのころから症状の改善が大きくなる。

一回目は失敗したとしても、3回打っても効かないブロック注射は意味がない。速攻性がないといけない!!

この患者さんが昨年のMRIの画像を貸してくれる。↓

クリエのブログ

かなりひどい狭窄が2か所ある。映像より上にも、もう一つあると言われていた。

近日、私のデーター撮りのために、MRIをとってくれるそうである。(感謝!!)

私の予測としては腫れが引いた分、凸は小さくなっているがまだ狭窄部は存在する。

狭窄症は炎症期には狭窄がひどくなり症状が悪化するが炎症が引くと症状は安定する。

また炎症期には髄液の循環が悪く、脊柱管内の圧が上昇する。これが症状の一番の原因である。

構造的な狭窄が症状を引き起こすのではなく、循環障害が症状を引き起こす。

今度の検査で狭窄部が以前と変わらず圧迫されていたら、脊柱管の狭窄が、症状を引き起こしていない

という証拠の一例となる!!

どっちに転んでも楽しみである!!

しっかりデーターを蓄積し、新たな治療法の確立のお手伝いをしたい!!

「ストレッチは体に悪い!!」7月の4DSセミナー 内容

「ストレッチはなぜ体に悪いのか??」「ピラティスの理論は体を駄目にする!!」

などなど、最新の情報を岡山から発信していきます。

正確なストレッチ体に良くないという事は多くの方が噂ではわかってこられていると思いますが、

「正確に何故悪いか?? どこが悪か??は明確にわかっておられる方は少ないでしょう!!」

これを頭と体で理解してもらいます!!

私は、絶対に患者さんに「ストレッチしてくださいね!!」とは、いいません。

昔で言うと、スポーツ選手に「ウサギ飛びをしっかりしてくださいね!!下半身強化とために!!」

といっているようなものだからです。

7月末??の土曜日、  20時半から いつものところでやります。来られる方はその辺空けといてください。

詳細後日

早く7月のシフトを組まねば・・・・予定が立てられない!!(-_-;)

4DS クリエセミナー

あーーーおもしろかった!!やっている本人が面白いのが一番かもしれない??

なにが面白いかって???

「こんなことしたらいけんだろ!!」とか、自分は感覚でやっているので、教えることで、気づかない部分に気づく。

「ちょっとした手の角度や指の置き方で、検査結果や治療結果が全く違ってくる。」

施術中にはスタッフたちには注意できないてない。また私自身もスタッフの間違いに気づかない!!(-_-;)

出来てるようでできてないこの微妙なところの修正が重要である。手足とって教えて初めて、わかるそのちょっとした違い!!

また、通常、患者さんしか治してないが、セミナーの時は、施術家の先生を、治療し肉体改造していく事が、すごく世の中のために良い事しているな!と思う。

その先生の体が進化し、良くなることで、その先生が同じように患者さんを良くしていく!!

世の中、健康な人がどんどん増えていく!!

その連鎖を考えるだけでわくわくする!!

2Dのオステの空間と3Dの空間では、矯正の維持力が違う事なども診てもらう。3Dでは体を揺らしても顔の歪みが戻らない。

早く技を使ってもらいたいので、2時間でかなり詰め込んだが、施術の時に使っていくうちに解りだす事もあるだろうし、疑問になる事も出てくると思う。

一応、来月もやるつもりである。日時は急に決めます。(謝」土曜日です。

明日の4DSセミナー

連絡が行きとどいていると思うのですが確認のために・・・・

開始時間は20時半です。何時でもスタッフはいるので、先に上がって待っておいてください。

終わりの時間は一応22時半の予定ですが、練習したい方は残ってくださいね。

場所     岡山市 表町 1-7-23 神藤ビル2fです。

電車通りの日銀前で、2Fの窓に、おはな接骨院「緑色)  と ドアにはクリエプラクティック「オレンジ)の看板があります。

もしわからない場合は下記にお電話ください。

086-224-5121

申し訳ございませんが、車でお越しの場合は駐車場がございませんので、近所のコインパーキングにお願いします。

空間技で 顔の歪みを治す。

体からは誰もが遠赤外線が出て熱を放散している。施術家の手などは、非常に熱量が高い!!

空間技で自分の上顎洞炎??を治そうと思い、左頬骨に手をかざすとうずくような痛み!!

炎症起こしているところに、熱は禁物である。

右頬骨の高く圧が高くなっているので、空間技で、自分の顔の歪みを治す。

15センチぐらい頭から手を離して、頭部を矯正する。直ぐにかをが左右対称となる。

鼻の通りも良くなる!!

果たしてどのくらいまで反応するのか手の位置を離して、実験!!50センチぐらいまで反応!!

肘が伸び過ぎると角度が悪くなったり、筋緊張が出て自分の顔が反応しないだけかもしれない。

嫁さんがやってもらいたそうな顔して此方を診ていた!!

嫁さんに空間技をかける。

MMTやりたかったので、空間技をかける前に筋力テスト、筋力が強いのを確かめてもらい、顔の歪む方向に手をかざす。

そして、筋力テスト。力が入らなくなる。

私・・・・「ほらすごく歪んだだろ!!」「すごいだろ!!」

嫁・・・・「早く元に戻して!!」激怒!!

私・・・・「起こってると口が歪んでるよ!」「早く治すからじっとしていて!!」

遊びで骨盤から、手をかざし、連動で、顔の歪みを元に戻し、顎は連動しなかったので、顎の歪みは顔から空間技で治す。

今度嫁さんの体をどのくらいの距離から狙うと体をゆがませること出来るか試してみます。

私の波動砲は武器となるでしょう!!

明後日のセミナーでは、空間技を観てもらい、3Dがイメージできれば、こんなこともできるようになりますよ

!とモチベーションを挙げてもらい、生体物理学の勉強をしてもらいます。

噛み合わせが歯槽膿漏を生む??上顎洞炎かもしれない??

歯科医・・・・・・・・「動揺が激しいから、抜いた方が早いよ!!!」

私・・・・「待ってください!!保存療法でお願いします!!」・・・・・とははっきり言えず…

私は奥歯の動揺の理由を口走る。

私・・・・・「上奥歯の内側が高すぎて、噛むたびに、奥歯が外側に押され動揺するのです。内側削ってもらったら、楽になると思うんですけど・・・・」  と小さい声で言う・・・

私は親せきの歯医者なので、気を使う事が、あまりないが・・・・患者さんが何か意見するという事は、相当の思いがある事を実感した。

このずうずうしい私でさえ、かなり遠慮する。

「素人なのに指図するな!!」と思われる先生がいるかもしれないが、やはり、何かそこにあるかもしれないので、先生はきちんとした対応が必要である。

歯医者さんに私の思いが通じたか・・・・噛み合わせをチェックする紙で検査、結局、内側をを削ってくれた。

ずいぶん楽になる。

もう少し引っかかりがある・・・・・

触診の感覚的には・・・「下奥歯の外側遠位部を少し削ってもらうと楽になるような気がする・・・・

この2日間、歯医者に行くが、1時間待って、仕事の時間が着たので、途中で帰りの繰り返し、やっと今日、30分ぐらいの待ちでは医者の治療が受けれた。

働いている者はやっぱり予約制でないと非常に困る!!

患者さんの気持ちがよくわかった今日一日でした!!