鎖骨の動き は面白い!!

鎖骨は上下に大きく動くイメージしかなかったと思います。

上腕の外転時、外転90度を超えると胸鎖関節を支点として大きく回旋運動(Z軸)をします。

上腕の伸展屈曲時には、肩鎖関節と胸鎖関節の軸上(X軸)で、前方回旋、後方回旋しています。

最近発見した面白い鎖骨の動きが・・

上腕屈曲時、  鎖骨の前方移動(Z軸) 胸鎖関節 前方回旋(Y軸)  X軸では後方。

上腕伸展時、  鎖骨の後方移動(Z軸) 胸鎖関節  前方回旋(Y軸)(書き間違えではありません。屈曲時と同じ)

X軸では後方。

回旋と同時に起こっていますが、胸郭との位置関係ではは、かなり大きく動いています。(5MM??)

外転時にも方向性においてかなり動いています。

4Dの世界なので、運動学の教科書には載っていません。

この時、鎖骨下筋もすごく活躍します!!

屈曲時 、弛緩し。  伸展時 収縮して、鎖骨と胸壁を近づけます!!

私も肩鎖関節を痛めたからまだまだ「肩の不思議」がいっぱい見つかりました!!

クリエのブログ

今朝も一時間ぐらいは自分の肩を触診していました。

「なぜ、腱板断裂が起こるか??」

「肩のすべり運動はどのような条件下で起こるか??」

など・・・・色々と考察してみました。

これらがわかってくれば、」50肩の発生機序などもわかってくると思います。

ここで書くか、セミナーでいつかやりたいと思います。

肩鎖関節脱臼に感謝!!

「憑りつかれる!!」を科学する。

「貴女は、霊に憑りつかれたことがありますか??」

私はありません。しかし、悪い気を受けそうになったことはあります。業界で「貰う」とか言います。

患者さんを施術していて、施術側が、気分が悪くなったり、嘔吐したりします。

震えが止まらなくなったり、気絶する人もいます。

クリエのブログ

なぜそのような現象が起こるのでしょうか??ただ単に、精神的なこと??

全ては生体物理学で説明できます。(私は大まかにしかできませんが…)

筋収縮、神経伝達を始め、細胞の電位差で行われている。

サークルK で 暗記したように、カリュームKが、細胞内に多く、細胞外には、NAナトリュームとCAカルシュームが多い。

ちなみに、K,NA,CAもすべてプラスの電荷である。

通常、細胞内はマイナス電位で-75MVである。NAチャンネルが開くと細胞外のNAが細胞内に流入すると細胞内電位が上昇し+35MVになる。そうすると、逆にKチャンネルが開き、細胞内のKが外に流失する。その結果、また細胞内電位が-85MVに低下。また同じことを繰り返す。

電位差によって物質の能動的な運搬を行っている。

患者さんで、皮膚表面に対する圧が高い人は、この能動輸送がうまくいってないため、ATP(エネルギー)を、循環ではなく、解糖によって得ようとする。そのため高乳酸血漿となる。

その結果痛みなどを発症する。

フグの毒(テトロドキシン)などはNAチャンネルを阻害し細胞内流入を阻止するために、神経症状を起こす。

患者さんで圧の高い人を触ると、施術者の体調が悪くなる原因として、患者さんの細胞外の電圧が高いために、その電位差が施術者に伝わり、施術者の循環、神経伝達が阻害される。naチャンネルに影響を与えるかは定かでない??

今日ある先生の腕を施術していたら、親指から腕にかけて激痛をいただいた。肘で止まったからよかったが、これが内臓まで到達すると気分が悪くなるだろう。

前腕からの圧が高く、指関節の可動は低下していた。

そんなに悪いと思ってなかったので油断していた。

通常、圧の高い患者さんを診るときは戦闘モードで施術する。圧の強さで相手の圧を抑圧させる。WW

イオンチャンネルの多少の阻害は毒や接触だけでなく、イメージによっても起こる。

イメージとは、視覚、聴覚、思考、自分の発する言葉、行動なのである。

憑りつかれるということは、細胞の内外の電荷の移動がうまく言ってないということである。

先日、「巨乳を科学する!!」を書きかけたが、公共の場で巨乳を科学したらいけないかと思い途中で書くのをやめました。5月のセミナーネタにします。

イタリア人は、アメリカ人より外反母趾が多い!! なぜ??

多分、世界でも外反母趾が一番多いのは、日本人女性である!!

イタリアでは、外反母趾のある女性とよく遭遇した。

私は、ボンジョルノーのあいさつの後、「腰とか、脚とかどこか痛くない??」と、誰にでも聞く。

変な日本人と思われているかもしれない??

イタリア人の女性は、外反母趾の女性が多いことが発覚。姿勢は綺麗だけど、足が悪い!!

革靴の文化が発達しているイタリアは、健康よりも、ファッション優先のところがある!!

「カコツケー!!」

石畳をカッコいい―ヒールで歩く!!

クリエのブログ

多くのアメリカ人は、機能重視!!履きやすいスポーツシューズ!!スーツにスポーツシューズもありの国である。

マイクロソフトのビルゲイツなども、テニスシューズにスーツで来日していた!!

周りの目を気にしないので、若い女性も、靴を脱いで素足になるし、日本人の男性より、ワイルドである!!

自由奔放なので、外反母趾はイタリヤや日本より、断然少ない。

生まれたときから、靴を履かずに素足で生活していたら、外反母趾は防げるだろう!!

今度アフリカに行って現地の人の健康状態を調べに行きたいものである。WW

朝起きた時の 手の痺れ !!

朝起きた時、手が痺れている事がありませんか??

感覚がないというより、正座をして足が痺れた時のように「ジンジン」します。

しかし、起きて、10分ぐらい経つと、痺れは消え、感覚は正常になります。

朝起きた時の痺れが気になって、病院に行って、MRIなどの映像診断をされたとします。

もし、頚椎のヘルニアや狭窄が見つかったら、手術を薦められる可能性があります。

しかし、このケースの症状では、首には全く問題がない事がほとんどです!!

「映像診断で、ヘルニアや狭窄があったとしても、症状がない人は半数以上です。」

すなわち、「朝起きた時だけの手の痺れは、ヘルニアや狭窄が原因ではない!! 」 と言えます。

手の痺れは、足の痺れと同様に体重による血管や神経の圧迫!!と考えられます。

例えば、横に寝た時に右肩を下にして寝ます。その時に上半身の重さが腕の神経と血管を圧迫します。

それが痺れの原因の可能性があります。

自己診断法・・・・横に向いて寝て時、下の肩を前方か後方にずらし、上体の重みがない状態に保ち痺れがなくなれば、(10分以上)「正座と同じような現象で、痺れが起こっている。」と判断できます。

加齢と共に血管や神経は、堅くなっていきます。

また、内科的な原因も考えられます。糖尿病などでは、神経が過敏になり痺れやすい状態にありますので、血液検査などが必要かもしれません!!

横向きで寝られるときは、寝方を工夫されて、肩をずらして、肩甲骨の方を床につけるか、胸の方(三角筋前部)を床につければ、神経、血管の圧迫は、防げるかもしれません!!

AKB総選挙に涙!!

「努力は報われないかもしれないが、努力することでしか、何も始まらない!!」「努力は必ず報われる!!」

リーダーの言葉!!

実際には、リーダーは一語一句、何を言ったのだろうか??と検索したがヒットせず・・・

その中のコメントで、「努力しても、明日死んだらおしまいじゃん!!」という言葉にヒット!!

若者はまだ、分からないかもしれないけど、

「もう努力している時点で、その人は報われています!」

何かに一生懸命、真剣に取り組んでいるときこそが幸せの絶好調!!

おじさんの経験では・・・・ぐうたら遊んでいた時期よりも、「忙しくて、ちょっときついな!!」と思えるぐらいの時が、今から思うと幸せだったように思う。

去年も、泣いたが今年も泣いてしまった!!若いのに一生懸命、生きている姿をみると感動する。

今日からウイスキーから、患者さんの勧めで、ジンのロックに変えた。

なかなか後味が良い!!  酔っ払っているから涙もろいのかもしれない??

アトピーの施術

アトピーの施術も、椎間板ヘルニアの施術も、頭痛の施術も、全て一緒である。

不自然を自然にする!!

いつもきれいな白い肌の患者さんが、顔を赤らかにしてこられた。

・・・アトピーである事が一目瞭然。首から上だけアトピー

1ヶ月前からひどくなったみたいである。主訴は背部痛。

患者さん曰く・・・好酸球値、IGEが一ヶ月前から非常に高くなり、今に至るそうである。便秘気味で大腸検査・・・異常なし。

触診で、頭部膨張(脳液髄液の循環不良がわかる )腹直筋硬縮(交感神経亢進がわかる。)

微圧で側頭泉門、大泉門をマニュウプ、胸部膨張により呼吸が浅い。肋骨の角度を合わせる。背部ふにゃふにゃ・・・・

微圧で腹直筋をふにゃふにゃに・・・・硬縮解除

施術後、速攻の改善など、何も期待していない。ただ不自然な部位を自然にしただけ・・・

うつぶせから、起き上がれた時の顔をみるとびっくり!!

真っ赤化―だった顔が・・・・白くなっていた!!

私・・・・・「赤かった顔が白くなってますよ!!鏡診てください!!」

患者さん・・・・「あーほんとだ!!すごい!!」

脚がむくむように、頭、顔もむくみます!!

そうすると、表面の免疫機構が狂いアトピーになる可能性があります。

どんな難病でも、速攻性はあるかないかは別として、不自然な部分は自然にし、自然治癒力をUPさせておくと良い結果につながると思います。

首が回るようになる方法!!

お金の回りが良くなるには、周りが良く診える事が必要である!!

一つの事にこだわりを持つにしても、周りを良く診ながら集中しないと、うまくいかない事になる。

時代の流れ、世界の流れ、未来の行くえ、などを予測して、見て行く必要がある。

日本の繊維業者が繊維だけで勝負したら会社はつぶれてしまう。

繊維業者は繊維の開発から生まれた技術を使い液晶テレビの部品などの化学繊維などの分野で収益を伸ばしている。

一つの事だけにこだわっていては、昔の企業はつぶれていく。

話は随分と変わるが首の可動域を増やす方法を書きます。

一言でいうと「軸を壊せ!!」

パーキンソンの患者さんの動きをみていると、ロボットのような動きになっています。

それは、通常6つある軸が1つの軸になった事を表現します。

首の可動域が30度の人は、首を回旋する軸が一つしかありません。

正常で可動域が80度以上の人は最低確認できるだけでも3つ以上の軸が頚椎にあります。

私自身、胸鎖関節の亜脱臼をして、右の首の回旋が50度ぐらいに落ちました。

しかし、3つの軸を意識しただけで、85度ぐらいの可動域を回復!!

周りがよく見えます!!

Z軸をc2、c6に意識するだけで3つのY軸が生まれます。

そうすると斜め45度しか見えなかった視野が後方160度ぐらいまで見えるようになります。

子供時代に診えていた視野や感覚が中年になっても、味わえます!!

人間の体て良く出来ている事が勉強すればするほどわかっていきます!!

人間って、凄いな!!

50肩と外傷の違い??

最近まで、50肩をやっていて、ほとんど治ったと思ったら、転倒して、肩を痛める。

今回は肩鎖関節の亜脱臼・・・受傷後、肩鎖関節がすごく緩んでいた。肩を回すと、「ゴキゴキ」言ってた。

その晩には、可動域制限が・・・上腕外転15度。  50肩の時には、外転60度は痛みなくできていた。

今回何が一番つらいか?

Tシャツなどの服が一人で着れない。脱ぐのも大変!!激痛が走る!!

50肩の時は少しは痛かったが、今回は本当に困難を極める。

今も、前にチャックがあるフリースを着ている。前が開いているワイシャツなどは着易い。Tシャツは一人では無理・・・・

外傷・・・・夜間痛はない!! 寝返りの時に痛いので用心するぐらい。 50肩・・・・うづくような夜間痛がある!!

外傷・・・・アイシングがすごく気持ちいい!熱は持ってないようだが・・・・

50肩・・・・・アイシングはあまり気持ち良くなかった??

外傷・・・・・ハイボルテージの電気がすごく気持ち良く、治療のあとは可動域が30度ぐらいUPする。

50肩・・・・電気治療での気持ちよさはあったが、今回ほどではない・・

睡眠・・・・・外傷  凄く良く眠れる。  50肩   寝つきが悪い!!

外傷・・・・・50肩と比べると、痛みが予測できる。

50肩・・・・予測していない激痛が時々起る。うずくまるほど痛い。(夜間でも、ふとした日常生活の動作でも・・・」

予後・・・・・治りは外傷の方が速そうな感じである??

同じ肩の痛みでも全然タイプが違う!!

良い勉強になっています!!

薬やシップはいらない??

今日は整形へ、レントゲンを撮りに行く。

予測通り骨に異常なし。治療は30秒・・・「ピピピ」と少し端子の暖かい奴を鎖骨周辺に当てられる。

検査目的だったので、ブロック注射など、変なことされるよりは良かった。

医師・・・・・「薬とシップ出しとくから、安静にしときなさい!!」

私の心中……痛み止めも飲む気ないし、シップもはらないので、断りたくてたまらなかった。

しかし・・・・・

私・・・・・「はい、わかりました。」(-_-;)

先生がぶっきらぼうで、愛想がなく、小さいフランケンのような人で良い医者なのがよくわかる。

商売っ気も全くなく、患者さんはあまり来たくないだろうな!!と感じる。

最近は個人の整形では癒し系の機械をいっぱい置いてある。しかし、ここは全く何も置いていない。

患者さんも少なく、待ち時間なしですぐに診てくれた。

受付のスタッフも不愛想で、昔の病院らしい!!(笑)

治療代は診察、レントゲン2枚、薬含めて、初診で、2300円!!「安い!!」と思った。

多くの患者さんたちは、「こんなに痛いのに、まったく、何もしてくれんかったわ!!ニ度と行くか!!」となるだろう。

直ぐに診てくれる、小さい町の整形を探しって行ったので、私にぴったりの整形だった。私にとっては、逆に信頼できる先生だった。

うちの患者さんとも話していたが、サービス満点で商売っけたっぷりの医者とどっちがいいのだろうか??

患者さんのニ―ズにもよるのだろう。私にとってはベストな整形に今日は行けって良かった!!