「鍼灸の置き針の役割」 が語る最高の施術??

交感神経を過剰に働かせた後に、副交感神経に働きかけた方がより一層、副交感神経に導きやすい!!

中国3000年の歴史は、その事実を昔から知っていた。

皮膚下に異物を入れる強い刺激により交感神経を刺激した後、置き針によって全身の気の流れを整える。時には鍼にもぐさを置いて、温熱療法も使い体を温めより一層の副交感優位を導く。

クリエのブログ

日本におけるオステでは、間接法(微圧)ほうばかり導入され、直説法(強圧)との融合がなされていないので、一辺倒の治療になりすぎて、治療の可能性が半減している。

4DSの最強圧でも、微圧の時間が1,2分入り、大泉門から足先まで呼吸を通す作業をする。

これは気が足先から頭のてっぺんまで気が通っているかの確認作業である。

上部頸椎の矯正でも、副交感優位にするための時間を10分間ぐらい設ける。患者さんは静かに10分間横たわる。

クリエのブログ

交感神経優位にして、副交感刺激を導入すると効果的な人が一番多い!!

人によっては副交感の(微圧)から入らないといけない人もいる。

その患者さんの人格によって治療法は変えられる。

クリエのブログ

私も2人ぐらい微圧しかしない患者さんがいる。

この患者さんにとってどの治療法が最適か、見極めれるような施術家にならなくてはならない♪♪

「どうやったら、背中が柔らかくなるのですか??」4DSのアンドロイド!!

先日一流のアスリートの体を診たとき、背中が柔らかいのにはびっくりした!!生まれつきの才能だろう!!

私の背中も異常に柔らかいらしい!!

私の体は、4DSで作られた人工的な体である。

「肩こりも腰痛もない」・・・・4DSのアンドロイドである!!

一般的に、「背中が固いのを治すにはどうしたらよいか??」・・・・・と患者さんにきかれると・・

施術家・・・・・「ストレッチとか体操をやってください!!」・・・といわれる。

私・・・・「気分転換になるけど、そんなのやっても背中は柔らかくなりませんよ!!」・・・と教えてあげる。

まず、自律神経のよって硬くなった筋肉は、上部頸椎の矯正でも、どんな技を使っても、一瞬でやわらかくなる。

しかし、固い背中を4DSのアンドロイド並に、柔らかくするには「時間」という概念が必要となってくる。

クリエのブログ

>>>>運動の勢い、つまり運動量を変化させるには物体に力を加えればいいわけですが、このとき力が大きいほど運動量は大きく変化します。またこのとき、力を加えている時間が長ければ長いほど運動量は大きく変化します。よって、運動量を変化させる効果のある量を考えるとき、力と時間を掛け合わせた量を用いるのが妥当です。この量を力積(りきせき)といいます。

…中学生の物理…上記

長年かけて作られた硬い背中は、4DSの最強圧(方向性のある力)で、ふにゃふにゃになるかもしれないが・・・・時間がたつと元に戻ろうとする。 

なぜなら・・・・・・ 「靭帯の粘性」が働いているからである。

毎日ストレッチや体操をしている、バレリーナやジムノインストラクターは背中の固い人が多い!!

なぜなら、筋肉はすぐに、自律神経や外部の刺激にすぐに作用される性質を持っているからだ。

筋肉でなく粘性にに働きかける4DSエキササイズをひろめ、

腰痛も肩こりも無くなる4dsのアンドロイドを来年は増産していきたい!!

寝るときと立つときの姿勢の違い!!

立つときは、人間は頸前弯、胸椎後弯、腰椎前腕でS字カーブを背骨話描いている!!

しかし、仰向けに寝ているときには、頸椎後弯、胸椎後弯、腰椎後弯が理想的な姿勢である!!

これは、カスチリアーノの定理
で確信できる!!

あなたは、現代の常識の矛盾に気づきますか??

クリエのブログ

気付いて行動した人は億万長者です♪♪

私は気持ちだけは億万長者ですWWWW

最強圧4DSの挑戦ですばい!!

3Dのトランズレーションの概念により、従来のカイロプラクティックの機能構造的科学的根拠は失われた。

アドジャスメントの行為は、機能構造へのアプローチではなく、身体脳、心への刺激へのアプローチだけとなった。

まだ、世界的にも、これらの情報は伝わってないので、多くの先生方は??だと思う。

しかし、手技の世界は4Dへと移行している!!

XYZ軸での回旋とトランズで、人体は表現されるが、身体の歪みと症状の因果関係は証明できてない!!

営業的な目的と認識療法のため(患者さんの症状改善のための脳への認識)、身体の歪みを患者さんに認識してもらいますが・・・・「歪みが症状を起こすなんて、全く思っていません!!」

患者さんを治すための患者さんの脳に働きかける手段です。

4DSとは、次の次元で、エイジングにおける生物、人間のたどる過程にアプローチした療法です♪♪

クリエのブログ

X,Y,Z軸への回旋、トランズではなく、エクスパンドとコントラクトで歪みが発生しなくても、していても、歪みに関係なく、病気になる人は病気になることを証明いたします。

症状をなくすという視点では、現状の中でのベストな状態を演出することで、痛みは脳が作り出すものなので、改善します。

微圧でも、カイロでも軸合わせでも可能なことです。

4DSでは、時空を壊す為に、最強圧が必要になります!!

例えば、・・・・

「コーレス骨折の整復には、強い力が必要です。」

・・・・気功や微圧では整復不可能です。

しかし、コーレス骨折したまま、骨が融合しても、痛みはなくなる可能性が大です。

痛みの閾値が下がると、痛みを骨折部に起こります。そこは痛みの閾値を上げることにより、気功でも微圧でも症状を改善することができます。

4DSでは壊れかけた身体をもとの戻す。(身体は壊れた状態でも、症状を出さない!!)

骨折の整復と一緒で、強い力が必要になります。

長年かけて力積し、エクスパンとした身体を、元に戻す大きな作業です。

クリエのブログ

70歳ぐらいを過ぎると、最強圧でも、もう不可逆的な物質の変性をきたしている場合には、粘性に働きかける時間という概念が必要になってきます。

まだまだ、4DSの施術をできない状態ですが、来年には広い施術所で、粘性にも対応できるように頑張っていきます。

最強圧4DSの未知なる挑戦!!

「4DS療法の正体とは何ですか??」・・・・とか、いつもより多くの人からメールをいただき有難いです。

また、多くの人に興味を持てもらい、先輩の凄い先生たちからFBではコメント貰い感謝感激です!!

尊敬する肘井先生の言葉・・・・

「そこにはその人(患者さん、被術者)にとってまたその場所にとって、また症状にとって、説明はないけど、強圧だろうと薇圧だろうと、触ってもと触らなくても、適刺激、必要な刺激が必要なのと、何を目的にしてるかで、脳の受け入れが違うはずです。そこをのかした刺激は意味のない刺激かむしろ有害だと俺は思っていますが、そこは中々難しいところですが。」

昔から多くのアドバイスをいただいている藤沢先生の言葉・・・・・

「最終的には術者の意図と個人もしくは、脳がどの様に感じるか?に至るということなんでしょうか?」

肘井先生の藤沢先生への返答・・・・

フジカズ先生、そうだと思います。今すぐ、身体を使ってやってあげたい(^.^)古流武術はそこが大事ですから。身体の触り方で全然違うので、そこから入って脳が強圧でも薇圧でも受け入れれば、大丈夫です。厳密にいうと脳がトランス、ニュートラルになれば良いという事です。そこまでいくのは中々難しいので、かなり細かくチェックして貰って、何回も稽古は必要です。強刺激が好きなのと、身体にとって良い、脳がうけいれてるのは別物だ思っています。」


カイロ界のリーダーでありカリスマの荒木先生の言葉・・・・


「肘井先生、ありがとうございます!

おっしゃる通りでございます<(_ _)>



私の所で強圧を好む患者さんが僅か2人しかしないので(笑)

私は患者さんが求めている(反応する)刺激量を好みます。

ただ、今は私の施療法で変化する人が集まって来ているのだと思います<(_ _)>



これからもっと感覚を磨いて精進するつもりです。」


施術界のニューリーダー藤本先生の言葉・・・・


次回の4dsセミナー楽しみにしております^^」


私・・・・「3月になると思います!!」


私・・・・・渡辺先生、初めまして、友達承認お願い致します!!



FBを診ておられない方でも、先生方の素晴らしい発言を聞いてもらいたかったのでUPしました。


長くなりすぎたので、題材


「最強圧4DSの未知なる挑戦!!」の内容は次回ブログで書きます♪♪




4DSの最強圧整体 で 10歳若返り!!

「20歳だけ、顔以外は若返りました!!」・・・・と 自信も持って言う!!

スタッフも、患者さんも冗談で笑いをとっていると思われるかもしれないが・・・・本気でそう思っている私です!!

ここ10年ぐらい、弱い力の施術が流行っているが・・・・

患者さんの大半が求めるのは最強圧!!での症状改善!!

鍼灸も、違う意味での最強圧(強い刺激)…だから何千年も伝わっている!!

クリエのブログ

私も微圧を数年やっていたが、今から思うと独りよがり!!

微圧を求めているのは患者さんは5パーセントぐらいかもしれない??

患者さんは、技術ではなく、人につくので、どんな治療法を始めても多くの患者さんはついてくる!!

患者さんに「微圧の時と今の最強圧の時の施術はどちらが良いですか??」

と聞くと!!

最強圧の今が良いといわれる!!

微圧は現状でのベストの状態を創る!!

最強圧は、時空を超え、数年前のベストな状態を創る!!

何遍も言うが、筋肉や呼吸に働きかけても、現状の中でのベストしか得られない!!

時をさかのぼり、何十年前のベストな状態!!に戻すには、最強圧が必要である!!

 \mathbf{I} = m \mathbf{v}_B - m \mathbf{v}_A = \int_{t_A}^{t_B} \mathbf{F} dt

長年、かかってできた機能、構造を可逆化するには、最強圧が必要である!!

これもすべて物理学に基づく根拠である!!

自分自身が受けたい施術を探求していく!!

不老長寿の整体を目指していきます♪♪

筋肉へのアプローチは次へのステップの準備段階である!!

新人研修を行っているが、まずは、身体の使い方から教える。

まずは、「患者さんの体を壊さない!!」そして「自分の体を壊さない!!」

基本的に手技は手でやるのではなく、自然の力、重力を利用してやる!!

先生の中には「マメやタコが、できるまでほぐしをしろ!!」と言われる方もいる。

それは、指圧師であっても、3流の部類である。

一流の手はいつも柔らかく、いろんな患者さんの異常を感知できるように繊細でなければならない!!

「手は触覚、センサーの役目もする!!」

一年ぐらいすると筋肉へのアプローチができるようになる!!

マッサージや指圧がこのレベルである。

このレベルで、一生終わる施術家の人もいるが、サービス業としてはこのレベルの人も必要ようである!!

クリエのブログ

次のスッテプでは、筋肉への直接的アプローチがすべて無駄たったということを知る!!

次は、間接的な、筋肉へのアプローチである。

軸を合わせたり、振動を与えたり、皮膚に軽く触れて呼吸に同調させたり、楽な方に体を動かせば、筋肉は緩むといううことを知る。

この辺を多くの施術家の方達はセミナーなどで学んでおられる。

しかし、筋肉は生体物理学的にはゴムの性質を持って行って、位置関係や自律神経によって、すぐに変異することを学ぶ!!

ここからが根本を変えるブラックホール療法、4DSの登場である!!

骨盤の歪みの錯覚!!空間技で骨盤を整える!!

骨盤は歪んでいるのか??仙腸関節は歪んでいるのか??

下のレントゲン写真を観て歪んでいると思った人は、まだ2Dの世界にいます!!

クリエのブログ

左                   右

上のレントゲンは仙腸関節は正常で骨盤は歪んでいません。

閉鎖孔の大きさ左右違います。 右が大きいです。

カイロでは右がPIで、左がASと教えられました。

ガンステッドでは、仙腸関節がずれて上のような骨盤の変形になるといっています。

4Dでは、全然・・ずれていません!!もし、筋肉を解剖して、全部はがしたら、左右均等な綺麗な骨盤が出てきます。

ほとんどの骨盤の歪みは、レントゲンによる2D の錯覚です!!

上の歪んで見える骨盤の人は簡単に空間技で、下記のような歪みのない綺麗な骨盤い矯正できます。

クリエのブログ

なぜなら初めから歪んでないからです!!

今日のブログは、昨晩のメールの質問に答えました。

>>>「空間を切った後に痛みが和らぐことはあり」とはありと見たことはあるのですが、。「空間を切った後に骨盤が矯正される」とは!!骨盤のゆがみが戻るのでしょうか?まだまだすご技がいろいろあるのでいつもびっくりさせていただいています。>>>

クリエのブログ

診る次元が変わると視点が変わります。医師を始め、多くの人は2Dで、世の中を診ています。

はったりではなく、いつでも再現、証明できる物理の世界なのです!!

昔の人は、太陽が地球の周りをまわっていると信じていました。

現代の人は、地球が太陽の周りをまわっていることを知っています。

それと同じです♪♪次元が変われば、常識は変わります!!

貴女も4Dスタンドプレーヤー・・・・・4Dで人体が診えるようになりたくありませんか??

空間を使い、身体を治療するスペック!! あなたは空間使いのスペックホルダーになれるか??

メールで質問を受けたのですが文章が非常に長くなるので、ブログで質問の応答を連載します。

第一弾・・・・・「空間技!!」

「空間を切る!!」・・・・は、手技ではなく、認識療法と検査法として使われます。

検査法としての空間技・・・・・・・

例えば、骨盤が歪んでいる場合(実際に位置が悪いだけで、仙腸関節に歪みはない!!)、

空間を切るだけで、骨盤の歪みとなる原因がわかります。

それは足首であったり、指先であったり、頭蓋であったり、顎関節であったりします。

矯正する方向と場所を患者さんの体が教えてくれます。

クリエのブログ

足の指の小指から20センチ離れた空間を切ると歪んでいた骨盤が矯正されれば、小指に施術します。

右顎関節から20センチ離れた空間を切って、骨盤が矯正されれば、顎関節がメジャーな体の歪みの原因として、施術します。

また、顎関節の歪みの原因として、空間技で、その奥の歯の配列の可能性なども診ます。

空間を診ることができる人にはすごく便利なツールです。

カイロでは、アクティベータ―のチャレンジやTLと同じで、空間でやるか、身体を触るかの違いです。

空間の方が、本当の原因を教えてくれるので便利です。

なぜなら、体を触ると、多くの場所が反応してしまう!!

次は、空間技の治療術について書きます。

書きたいことがいっぱいあって、予定通りにはいってませんが、毎日ブログ更新することで、死ぬ前に、少しずつでも足跡を残して生きたいです。

まずはメールで質問を受けたことから書いていきます。

子供の視力回復、大人の眼精疲労回復の機械を創る!!

「なぜ、子供の視力は低下していくのか??」

小学校の高学年の7割近くは視力低下です。

「ほとんどの子がメガネ君で、メガネをかけてない人より、メガネをかけている子の方が女性にもてる!!」

・・・・と中学生の娘がいっていました。

近視も遠視もない視力2.0の野性児のおじさん(私)は、悲しい気持ちになります。

最近の子供は、漫画やゲーム、PCなどで昔の子供に比べて、画面を凝視する時間が増えました。

角膜に圧が、長時間圧が加わり、角膜が凸の状態から凹の状態に戻らなくなるのが子供の近視です。

子供の角膜はまだ柔軟性があるので、変性が可能です。

クリエのブログ

レイシックなどは、レイザーによって角膜を削り、凸の角膜を凹にしています。

貧乏発明家の私は、視力回復の機械をガラクタで作っています。

この機械が世の中に出たら多くの子供や眼精疲労で悩んでいる人々を助けることができるでしょう!!

近い将来、低価格で安全で視力回復ができるようになるでしょう。

次元が変わるとすべての常識が変わり、それにまつわる商品も新しく生まれてきます。

商品化するための工場、特許などを、来年以降開拓、力を注いでいきたいです!!

世の中はITの発達により、医療も単純化、低価格化が進むでしょう!!