病気を感じる身体になる!!

今日は久々に病気になる。夕食後に悪寒がし、病気の前兆を感じる。

悪寒は寒さを感じるが、体温を上げるために体の震えを起こすことができない状態。動きたくない!!

普通の寒さとは違う!!

クリエのブログ

家に帰り速攻で寝る!!うれしいぞう枕で、呼吸を調整し、体温の回復を期待する!!

20時30分に寝て、22時ぐらいに寝汗をかき、目覚める。

頭と体はすっきりしているが、身体が汗で気持ち悪い!!服を着替えてまた寝る。夜中の一時に起床。

完全復帰!!

もし、交感神経が優位であったなら、悪寒を感じなかっただろう。

交感神経が優位だと、痛みや体の症状(体の訴え)を感じにくい。

無理をせずに適時に休息をとったので、寝込まずに、数時間で回復できた。

あそこで無理をして起きていたら、絶対に高熱が出たに違いない!!

この高熱も自己防衛本能で、「体を休ませるため!!」「体の循環を良くして、免疫力を上げ、病原と戦うためにある。」

体が発する症状の意味を理解すれば、病気は病気で無くなり、「自己の免疫反応が、頑張ってくれているんだ!!」と自分自身を応援したくなる!!WW

体の発する症状をどうとらえるかで回復力は、違ってくる!!

今から、症状が治ったので、一人宴会をします。

「乾杯!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です