アイシングはやり方によっては激痛を治す!!

次の実験は、左の鼡径部を冷やすと、右側にはどのような変化が起こるか!!

これは、PTの先生の卒論を翻訳した時に、発見した事を実験した。

左脚を電気で緩めると、右脚も同じく緩む!!視床下部の勘違いにより、左に刺激が伝わると、右も反応してしますという論文だった。サルを使った動物実験だった。

これがアイシングに適応するかの実験をした。左鼡径部を冷やすと、もちろん左の脚、ふくらはぎ、足は33度から35度を示す。

そこで右足を測定すると、右脚、35度、ふくらはぎ35度と左に連動して温度上昇!!

すげ―――――発見!!

ノ-ベル証もんやんWWWW

冷やすことで、血管が拡張し末梢の血流が上がる!!また脳が勘違いしてか、腹大動脈の拡張によってか、右の足や脚の体温も、左と同じだけ上昇した!!

あのときPTの先生の英語の和訳を助けったことによって、新しい発見がもたらされた!!

良いことをすると数年後に恩返しが来た!!

次の実験は左の膝下を冷やすと、どのような変化が現れるか!!

私が死ぬ前にすべてを書いていきます!!WWW

アイシングはやり方によっては激痛を治す!!” への2件のコメント

  1. 1. 無題
    鍼法に、「巨刺→病、左にあれば、右に刺す」や「遠道刺→病、上あれば、下に取る」というのがあります。刺激の種類は違いますが、理屈は同じではないでしょうか。

  2. 2. Re:無題
    >巣鴨の中年治療師さん
    素晴らしき情報有難うございます!!また、いろいろと教えtrください♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です